2005年07月31日

同級生が!

中学で同じクラスだった転校生のK君。

その当時から、彼には物凄く秀でている分野があって
尊敬していました。

7年位前の同窓会で、不参加だったK君の話題になって、
「今は、○○してるよ」と聞いていて、「やっぱりなー」って思っていました。


先日、中学とは全く関係の無い後輩からの情報で、
K君が大活躍している事を知りました!

Googleで検索してみたら、物凄い数のヒット!
トップには公式のHP!

そこを覗いてみたら、凄い凄い。

これもK君がやってたの!?
あれもK君!?
の連続でした。

手の届かないような世界で頑張っているK君!

で、「本人へのメッセージ」というメールフォームがあって、
アドレスからは、とても本人に届きそうも無かったのですが(笑)
迷った末、メールを出してみたのです!

結果は?
▲TOPへ
posted by このみ。 at 13:15 | 東京 🌁 | Comment(14) | TrackBack(0) | 私の周りの凄い人| edit

2005年07月30日

冒険か安全圏か。

ちょっと迷っています。

ごく個人的な事なのですが
一年に一度、自分の為に演奏しています。
仕事の演奏じゃなくて、自分が好きな曲、弾きたい曲を。
練習だけじゃなくて、キチンと本番として、人前で演奏します。

こういう機会が卒業してからめっきり減ってしまいましたが
一年に一度だけは、続けています。

でもね、学生の時のように好きなだけ練習も出来ないので
弱気になっています(笑)
(歳のせいで弱気になってるのかも? 汗)

冒険して、難しいけれど弾いてみたい曲にするか。
安全圏で、まぁまぁ興味の有る曲にしておくか。

どっちを選んでも、後で後悔したくないなー。

あんまり迷っている時間も無いです(汗
ぐむむ。

優柔不断なので・・・。

困りますねぇ、まったく。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:22 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年07月29日

ブログのネタにはコレだね。

うーん・・・。
今日は何を書こう・・・。
ネタが〜・・・。

待て待て。

[ツキウラ+]さんの所でこんなものが!

ブログ更新ジェネレーター です。

ブログ更新ジェネレーター.bmp

ネタ切れに困りませんね。
楽チンですね。

いくつかバリエーション出来マス(笑)

▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(2) | サイト紹介| edit

2005年07月28日

『いま、会いにゆきます』

泣かされました。

話自体は観る前から知っていたので、どうかなと思っていましたが。

映像が綺麗ですね。
竹内結子も綺麗(笑)
友達が「コレを見たら二人が結婚するのも分かるよ」と言っていましたが
うんうん、本当にそんな感じ。

ただね、なんとなくなのですが
泣かせよう泣かせようと、させられている気がして・・・。
えぇ、えぇ、大泣きしましたが。
鎖骨に涙が溜まりましたが。
なんとなく、乗せられている感じが腑に落ちなかった・・・。

ふと思ったのですが、竹内結子って生き返り女優なのですかね(汗
『黄泉がえり』や『天国の本屋〜恋火』や。

個人的にはYOUが好きです。


監督: 土井裕泰
出演: 竹内結子、中村獅童、YOU

B00061Q6VKいま、会いにゆきます スタンダード・エディション
竹内結子 土井裕泰 中村獅童

東宝 2005-06-24
売り上げランキング : 138
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:46 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2005年07月27日

踊る文字。

爆弾姉さん の所で可愛いのを発見しました!

fancy-letter-generatorです。

入力欄に文字を入れると

TEMPO

こんなになります♪

こういう無条件に可愛いのは、気分が沈んでいる時にも嬉しいですね。

こんなのや、
TEMPO

こんなのもありますが、
TEMPO

一番上がイチオシですね!


▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:42 | 東京 ☔ | Comment(6) | TrackBack(3) | サイト紹介| edit

2005年07月26日

「神の子どもたちはみな踊る」村上春樹

1995年1月に起きた、阪神・淡路大震災。
この地震をテーマに、6つの短編が書かれています。

村上春樹は京都府出身、兵庫県育ちという事もあると思いますが
信じられないような出来事に関して、村上春樹なりの考えを本にしています。
(オウム真理教によるサリン事件も
「アンダーグラウンド」や、続編「約束された場所で―underground 2」という本を出しています。)

テーマが地震と書きましたが、色々な使い方をしています。
一見、まったく関係ない話の中で
「地震」というキーワードを使っているだけのように思いますが、
他にもいくつか共通するキーワードが出てきます。

ただ、ですね。
それが何を意味するのか、難しいです。
村上春樹の言いたい事、もやもやとしか分かりません。
読み終わっても、すっきりしません。
たぶん、私の読み方が足りないのだと思うのですが。

「大地震で沢山の人が被害に遭い、大地震のニュースとして世界中に流された。
けれども、ニュースにならないところでは、こんな事があったかもしれない。」
この先が読み取れません(汗

読み終わった時の感想としては、6つ目の「蜂蜜パイ」が一番救われました。
これだけは、この本の為に書き下ろしたもので、
それまでの5編は「地震のあとで」という連作なのです。
それまでの5編、特に表題にもなっている「神の子どもたちはみな踊る」は
どうしようもなく悲しくなりました。

もうしばらくしてから、また読み直したい本ですね。

4101001502神の子どもたちはみな踊る
村上 春樹

新潮社 2002-02
売り上げランキング : 11,275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 11:30 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit

2005年07月25日

なんて涼しい東京。

東京に帰って来て、涼しさに驚きました。
何所も彼処も涼しいですね。

まぁ、今日はそんなに暑くならなかったのもありますが、
外も涼しいし、建物の中も涼しい。
というか、寒いくらい。

今まではこれが普通だと思っていましたが、
東京は冷房の温度、下げ過ぎじゃないですか?

クールビズだなんて言っていても、なかなか定着しませんね。
女性はノースリーブとかで涼しい格好出来る為に、
寒い所用に羽織るものが必要なんて、全然定着してない証拠ですよね。

熊本で37度を体験してきたのですが、
37度の外から30度の部屋に入っても、涼しく感じるくらいでした。(あたりまえか 笑)
まぁ、演奏する時は汗出まくりますが…。

で、地元に人たちは全然暑がっていないのです。
東京じゃ考えられないくらい部屋の温度が高いのに
普通みたいでした。

暑くて当然の九州。
寒くなる準備が必要の東京。

考え方が違いますね。
「夏」なのですから。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:31 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記| edit

2005年07月24日

サウナの様です。

観光は出来ないと思っていたけど、
15分だけ熊本城を見てきました!

熊本城.jpg

しかし…暑いですね。
空気が熱風です。
こっちの人はクーラーを余り使わないのですかね。
かかっているけど、効かないくらい暑いって事なのかな。
外も部屋も暑いです(汗

さて、本番頑張りますか。
なんと、一番前の席に座らされています…。
マズィ(笑)
▲TOPへ
posted by このみ。 at 09:50 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記| edit

2005年07月23日

練習不足。

プロフィールにも書いてありますが、時間が足りないです(´・ω・`)

最近仕事が忙しくて、まともに楽器も弾けない日々でした。

学生の時、「卒業したら下手になるってほんと?」という話を
同級生達としていたのを思い出しました。

そうなんです。
そんなのありえないと思っていましたが、
実際、仕事をすると自分の練習時間が取れなくなります。

仕事で演奏しなくちゃいけない曲を譜読みしたりするだけで
手一杯になっちゃう。

私の部屋は防音もしてありますが、木造の為に完全防音では無くって
夜中は楽器を弾けません。
(ブログや趣味に使う時間は夜中に限られるので、夜更かししてます 汗)

で、ですね。
明日、演奏する仕事の練習をしていたのですが。
練習不足だなー。

さっき、明日の仕事の確認電話が来ました。
恐ろしい事を聞いてしまいました。

明日の仕事はオーケストラ。
な の に !
私のパートの人数、全部で4人だそうです。
普通ね、少なくても10人から16人くらいいるものなんですが。

えっと。。
私が弾けていないと丸聴こえ、と言う事なんですね?
しかも、立場上弾けないといけない訳があります。
マズィ。。

ま、気合だな(笑)

明日から1泊で九州です!

冷や汗で痩せるかな(笑)
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:46 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年07月22日

サイトで花が咲くかな。

メソさんの所で こんなの 見つけました!

サイトのURLを入力すると花が咲くのです。

どういう仕組みなんだか分かりませんが
メソさんによると被リンク数とか関係するみたいです。

色んなのがありますね♪

でもね、が飛んでいるのは何なの!?

OrganicHTML

追記
URLが変わったようです。
新しいのはこちらへ。
OrganicHTML


ちなみにココ、「テンポ。」はこんな感じ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:06 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(3) | サイト紹介| edit

2005年07月21日

音を楽しむ。

ココのカテゴリに「コンサートを聴いて」と言うのがありますが
これがなかなか、書き難いですね。
書き難いので、増えませんね(汗

嫌なもので、素直に音楽を楽しめない時があります。
「音」「楽しむ」「音楽」のはずなのに。

職業にしてしまうと、どうしても技術・芸術面で批評してしまう自分がいるのです。

勿論、素晴らしい演奏は素晴らしいです。
聴いていて感動もします。

でも、細かく分析しちゃうのです。
例えば、全体的には素晴らしいけど、ここはいまいちだな、みたいな感じで。

一般の方からすると、相当イヤな感じですね(汗

しかも、自分の演奏はさておき、なのです(苦笑)

でも同業者は少なからず、こういう思いをしているみたいです。

だから、自分とはまったく関係の無い楽器の方が素直に楽しめたりします。
自分の楽器ほど詳しく分からないからね。

勿論、自分の楽器に関係しているコンサートは他の楽器よりも聴きたい。
勉強にもなるし、曲だって詳しいし、聞いてて面白い。
専門でやっているからこそ、分かる良さだってあるし。

だけど100%批評無しで、なかなか聴けないですね。
批評と言っても、良いのも批評のうちですが。

55歳を過ぎた楽器の先生が、
「やっと今になって、批評しないで音楽を聴けるようになった」って
おっしゃっていました。

私もそのくらいにならないと、ダメなのかな。

まだまだ出来上がっていませんね。


▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:52 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年07月20日

「村上ラヂオ」村上春樹 / 画・大橋歩

ウチの沿線で各駅停車に乗りながらコレを読むと、
ちょうど、一駅一エッセイでした。

短くて、読みやすい。
雑誌の「anan」で連載されていたものです。

ぁ、エッセイ集なんです。
50も入ってます。

村上春樹、大好きです。
長編小説も好きですが、こういうエッセイもかなりお勧めです。

日常の事や、村上春樹が好きな物事を
面白く、在る時は真面目に書いてあります。

例えば。
きんぴら作りに最適なBGMは?
ブラディ・メアリの味で飛行機を決める?
童謡「赤い靴」の歌詞の誤解
等々。

何度も読みましたが、ブログに書く為に今回読んで、
ふと思いました。

ブログの記事みたいだなって。
まぁ、エッセイってそんなのだろうけど、
「こんなことあったよ」とか、「これ気になっています」とか
まるで、村上春樹のブログを読んでいるような気分になったのは
私だけなのかな(笑)

「村上春樹?まだ読んだ事無いなぁ。とっかかりにくそうだもん。」
なんて、コレを読んだら言えなくなります(笑)

4101001529村上ラヂオ
村上 春樹 大橋 歩

新潮社 2003-06
売り上げランキング : 30,320
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:21 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit

2005年07月19日

ブーケを貰う。

音楽教室の発表会の後、親友の結婚式がありました。

発表会の為に、遅刻でした。。
まぁ、思ったよりも早く終わって良かった。。
しょうがないのは分かるけど、どうしても最初から出たかったなぁ。
ま、終わった事はしょうがない。

それで。

2次会が終わるところまで来て。

あれ?

ブーケトス(花嫁が後ろを向いて、未婚者にブーケを投げる事)を、
やらないまま終わりになったんです。

入り口で新郎新婦が、ひとりずつ挨拶しているところで
私の順番が来て。

そこで。

ブーケを貰いました。


DSC00036.JPG

大泣き。

嬉しくて、涙が止まらなかった。

会場出ても、その後同級生達とお茶に行っても、帰りの電車でも
ブーケを見ると涙が出てきました。

今でも、飾ってあるブーケを見ると泣きそうなくらいです。

それを見て、同級生が。
ブーケを貰って6ヶ月以内に結婚しなかったら、一生出来ないらしいよ

ヒドイ同級生だ。
まったく。

半年?
ムリムリ。

・どどどどうしよう。。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:28 | 東京 🌁 | Comment(6) | 日記| edit

2005年07月18日

発表会。

私が教えている音楽教室の発表会がやっと終わりました!

音楽教室にとっては一年に一度の大イベントなので
とにかく当日までが大変でした。

何人かでのアンサンブルや、歌や太鼓など
レッスンでやっている一人での演奏だけでは終わらないのですよ。
盛り沢山。

講師演奏も全7曲。
こりゃ、多すぎだって(汗

しかし、生徒達良く頑張って弾いたなぁ〜♪

子供たちはね、緊張しても怖さを知らないから
いつも通り演奏できる子が多いです。

でも、高校生を過ぎた頃から・・・
失敗に対する怖さが出てきちゃうんです。

緊張って良い方向に出てくれれば、とっても良い演奏が出来るのですが
悪い方向に出ると、今までの練習が意味無くなってしまうと思うくらい
いつも通りに弾けなくなります。

これは、私でも言えますが
緊張した時、その高ぶりをどうやって上手く演奏に出すか。
凄く難しくて、なかなか出来ません。

生徒にも、この事について話すのですが
「じゃぁ、緊張しなければ良いんじゃない?」って言われます。
でもね、本番でまったく緊張しない訳にもいかないし、
ある程度、緊張した方が上手く演奏できたりします。
私の経験からですが。
そこらへん、難しいですね。

ま、無事に終わって良かった


今年は、終わってから大事な用事があったのです。
これは次の記事で書こうかな。


▲TOPへ
posted by このみ。 at 14:54 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年07月17日

Whiteband

先日、テレビのニュースで見て「LIVE 8」の事は知っていたのですが
(ニュースはこんな感じ)
そこで着けていたのがコレだったのは知りませんでした。

TBしてくれたサトウさんのブログにお邪魔して、コレだったのか、と。

「LIVE 8」とは、アフリカの難民を救おうという
「アフリカ・困救済コンサート」を世界中で開いた音楽イベントです。

日本ではDREAMS COME TRUEがコンサートを開いていました。
(こっちはこんな感じ)

ココにも書いてあるけれど、白い腕輪(Whiteband)をみんな着けていたのです。

それがコレ↓
baner_150x150.gif

キャンペーンは「ほっとけない 世界のまずしさ」という名前です。
HPはココ↓

ほっとけない 世界のまずしさ


ココのクリッキングフィルムを見て色々思いました。
まぁ、アリキタリですが
私の悩みはこの問題に比べたらなんて小さいのだろう、とか。
3分に1人、子供が亡くなっているのに私は今まで生きて来れた
この事には感謝しなければ、とか。

そしてココ でこんな数字を見つけました。(そのまま引用させていただきます)

●1日1ドル以下の生活→→→→→→→12億人
●きれいな水を飲めない人→→→→→→10億人以上
●満足な食事にありつけない人→→→→8億人
●極度の貧困により命を落とす子ども→3万人/日
●妊娠・出産時に死亡する母親→→→→50万人
●小学校に通えない子ども→→→→→→1億人以上
●小学校を修了できない子ども→→→→5人に1人
●読み書きのできない大人→→→→→→8億6000万人
●これまでのエイズによる死者→→→→2000万


とりあえず、微力でも私に出来る事からと思って記事にしてみました。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:44 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(8) | 知っておきたい事| edit

2005年07月16日

国民年金。

思い出しましたよ!
先日の記事 で、国民年金を払うのが必死と書いて。

ごめんなさいごめんなさい。
今年度は4月からまだ払っていません。
あはははは。
はぁ。

そういえば、だいぶ前に通知が来てたなぁ(汗
なんだっけ。
未納通知だっけ。
忙しいのを理由にどこかへ放り投げたまま、すっかり忘れていました(-∀-;)

こんな題名にしちゃいましたが、難しい事は書きたくないので書きません。
でも、これから厳しくなるのだけはハッキリしていますね。

いつになるか分からないけれど、今後いつか結婚しても厳しいのね。
専業主婦だなんて、いなくなっちゃうのかな。
勿論、余裕のある家庭は問題ないだろうけど。

結婚しても働くか働かないかなんて、決めてる訳じゃないけど
働かないで年金払えなくなったら、今まで頑張って払っていた分が無駄だなんて
そんなの絶対イヤだし。

でもさ、子供が産まれてもちゃんとした預ける所も少ない状態みたいだし、
個人的には預けないでいられるならば、自分で面倒見てあげたい。
でも、そんな事言っていられないのかな。

不安ですね。
色々。
イヤになっちゃう。

心配する前に払って来ないと(汗
未納月、貯まれば貯まるだけキツイよね。
やっぱりボーナス下さい!(笑)




▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:46 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記| edit

2005年07月15日

裏方。

先日、働いている高校の本番(コンサート)がありました。

この高校での助手の仕事を始めて5年。

時々指導もしますが、授業(練習)と本番(コンサート)がスムーズに行く為の
裏方仕事をしています。

裏方仕事って、数え切れないくらい色々あります。
こうなっていて当然っていう事、全部裏方の仕事だったりします。

これって、演奏だけしている人には分からないだろうな。
だって、私も助手をするまで知らなかった事が沢山あるから。

この高校では、裏方のほとんどを助手(私を含めて二人)に任されています。

だから物凄く大変っ!
だけど、やりがいもあります。

で、コンサートの話。

本番の時、大体は舞台の袖にいます。
袖で生徒達の演奏をずっと聴いています。
まるで自分が演奏するかのように緊張する時もあります。

そして、本番後には自分が演奏する時とは全く違う達成感。

演奏する側は、自分の演奏が上手く行けば成功ですよね。
(全体がどうこうと言うよりも、自分が主に評価の対象。例外も有るケド。)
裏方は、みんなの演奏が上手く行き、事故が無ければ成功なんです。

今回はね、成功だったんじゃないかな。
そりゃ、小さなミスやドキドキするくらいのミスはあったけど
大きな事故も無く、無事終わりました。

ほっ。

しかし・・・。
スキーに行っても筋肉痛にならない私が、筋肉痛になっています(笑)
どんな動きをしてたんだ?(汗)

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:23 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年07月14日

「アルケミスト」 -夢を旅した少年- パウロ・コエーリョ / 翻訳 山川絋矢・山川亜希子

羊飼いの少年サンチャゴの話です。

童話風の話で、欧米をはじめ、世界中でベストセラーになり
サン・テグジュペリの「星の王子さま」に並び称されるほどの賞賛を浴びたと言う事です。

サンチャゴは、羊飼いをしながら平凡で平和な日々を続けていくか、
自分の夢に向かって冒険するか、悩みます。

幾度と無く悩み、様々な人の助けを借りながらも、自ら判断しながら進み、
錬金術(アルケミスト)の術の秘密を手に入れる事が出来るのか。

この本には、サンチャゴが人生の知恵を学んでいく課程で
夢に向かって進むには、何が大事なのかというのを教えてくれます。

すべての事が、そのまま実生活に使えるわけではありませんが
例えば、寄り道したのかなと振り返る時。
その寄り道こそ、夢に向かう段階で必要な事であり、意味のある事だ、とか。

少年サンチャゴの精神的な成長が凄いです。
色々学び、愛を知り、精神的に行き着くところまで行った後、
サンチャゴはどうするのか、なかなか興味深かったです。

404275001Xアルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ Paulo Coelho 山川 紘矢

角川書店 1997-02
売り上げランキング : 880
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 14:57 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(4) | 本を読んで| edit

2005年07月13日

最期の言葉

ゆぅさんのブログ でこんなサイトが載っていました。

「あなたがつぶやく最期の言葉」

私の最期の言葉は、「うぉっほっほ」
だそうです(笑)

続きを読む
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:26 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(2) | サイト紹介| edit

2005年07月12日

挨拶

音楽業界(クラシック)では、挨拶は「おはようございます」なんです。
お昼でも夜でも。
なんだか、芸能界みたいですね。

でもこれ、学生の時から叩き込まれるので、今では自然に出てきます。
だから、困っているとも言えます。

同じ業界ではない人には、「こんにちは」って言わないとオカシイけれど、
ついつい「おはようございます」と言いそうになって
「おは・・・こんにちは」とか言っちゃったり(笑)

電話が来て、午後なのに自然と「おはようございます」と言ってしまって
「あら、今起きたの?」とか言われたり(汗)

まぁ、それは良いとして。
何でこんな事を書いているかと言うと
続きを読む
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:15 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

▲TOPへ