2005年11月11日

オモシロ誤変換。

パソコンでは勿論ですが、携帯電話でも文字を打ち込んで変換して
ビックリするような誤変換が出て来る時ありますね。
でも、最近PCも携帯も頭が良くなってきたからなのか、
私の語彙が少ないからなのか(たぶんこっちの気がする 汗)
なかなか面白い誤変換が出てきません。

という訳で、私は応募できませんわ・・・コレに。

変漢ミスコンテスト

過去の作品を見てみると面白いっ!
こんなのが出来るんだーっていう作品が沢山あります。


で、こっちは本にもなりました。

僕の見た秩序。ヨシナガさんの ゆかいな誤変換。

こっちもかなり笑えます。
夜更けに一人でPCに向かって大爆笑している私。
なんだかなー。

この誤変換って、日本語ならではですよね。
ひらがな・カタカナ・漢字の3種類もの表記方法が在るからこそ。
意味も、そりゃないだろっていう意味になるのが高レベル作品になるし。
もしもイチオシの誤変換があったら、変漢ミスコンテスト応募してみては?
商品も貰えますよ ( ´艸`)

4872575385ゆかいな誤変換。
ヨシナガ

イースト・プレス 2005-01-28
売り上げランキング : 6,273
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:34 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | サイト紹介| edit

2005年11月10日

フェチバトン

お友達から頂いたフェチバトン。

フェチとは
【好き】と【フェチ】は微妙に違っているようで、簡単に言ってしまえばフェチには性的な香りが絡む
だそうです。
ふむふむ、なるほど。


じゃぁ、そういうつもりで書いてみます(笑)
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:42 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(2) | 日記| edit

2005年11月09日

満足。そして儚い。

終わったわー (。´∀`。)

相変わらず緊張しすぎだったけど、終わったら大満足!
緊張してミスったところも気持ち的に帳消しになるくらい、気持ち良く演奏出来て本当に良かった。(事実としても帳消しにしたいけど 笑)
でも、こういう演奏が出来る事って本当に数少ない。
頑張っていても、なかなかこういう感じにはなれない。
だからこそ、終わってこういう気持ちになれるのが止められなくて、続けるのかな。

あまりにも奥が深すぎて100%満足の演奏が出来る演奏会だなんて、多分どんなに巨匠の演奏家でも毎回じゃないはず。だからこそ延々と練習をするのだし、同じ曲でも違う仕上がりになるのだと思う。
正解と言える答えが決まっていないし、緻密すぎる楽器だから。

しかし、儚いな。
いつも思うけれど、たった一度の本番が終わってしまうと、オシマイ。
今までずっと練習していた曲なのに、急にさらわなくて良い曲になってしまう。
もう自分の曲を好きなだけ弾ける時間は無いし、仕事の曲が溜まっている。
うーん。
儚い。

でも、この気持ちよさは何よりも心の栄養になる。ストレス解消にも。
今日の私は、かなり疲れていてかなり寝不足だけど、かなりご機嫌ですな。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 15:10 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年11月08日

冒険。

一年に一度の冒険。
上手くいくと良いな♪
楽しむ事を第一に考えて、思いっきり頑張ろうっと!
聴いている人の一人でも良いから、心に残るような演奏を目指して。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:36 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2005年11月07日

初のクラシックへ。

こんな記事を書いたばかりですが
とても悲しいニュースのことを書きたくて。

歌手の本田美奈子さんが6日午前4時38分に急性骨髄性白血病の為
38歳で死去されました。

アイドル歌手だった頃はあんまり良く知りませんが、いつからかクラシックコンサートに行くと山ほど貰うチラシの中や音楽雑誌の中に、彼女の名前を見るようになって、どうしてだろうと思っていました。

いつだったかビートたけしの番組で特集をやっていて、理由が分かりました。
「ミス・サイゴン」や「レ・ミゼラブル」などミュージカル界でも活躍していましたが、クラシックの声楽もチャレンジしていたのですね。

クラシックからポップスへ転向する人は今までにも居るけれど、ポップスからクラシックと言うのは居なかったそうです。
なんと言っても発声方法や発音、ポップス時代の癖などをクラシックの世界で通用するものに変えるのは、並大抵の努力ではなかったと思います。
あんな細い身体で、物凄い迫力と声量があって驚きました。
ポップスからクラシックへの転向という初めての試みを、もっと続けて欲しかったです。
とても残念。

ご冥福をお祈りいたします。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:58 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記| edit

2005年11月07日

新 日記ジェネレーター

最近、サイト紹介やら本の感想やらで
純粋な日記と言うものが少なくなってきちゃったな・・・。

じゃぁ・・・今日は何をしたっけ・・・。

本番が近いから、ずっと練習して、疲れたらネット開いて、練習して、疲れたら本を読んで、練習して、ご飯食べて、練習して・・・。
これじゃ、日記が書けないよぅ(´;ω;`)

なんて時に。

以前紹介したブログ更新ジェネレーターをフル活用しても良いのですが(笑)
ちょっと文章がぶっ飛んでいましたね (u_u*;)...。

それなりにちゃんと日記らしい文章を作ってくれるのがコチラ。
新 日記ジェネレーター

今日は部屋の大掃除してみた。
私には衝動買いという道楽があるために、いつの間にやら荷物が増え、部屋の中には普段使ってないこじらせた10年選手の水虫のようなサンポールや、癒し系というよりはダメージ系なはなまるマーケットの今日のおめざが乱雑に積まれて、ひどいありさまになってしまっている。
・・・続く。

使いたい単語がある場合は、付けられますよ♪

うむ。
またサイト紹介になってしまった・・・。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:18 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

2005年11月06日

初体験!

ぁ、思わせぶりなタイトルで本当にごめんなさい m(_ _;)m

やっとこさRSSリーダーというモノを使ってみました。
今頃遅いですかね(汗

なぜかと言うと、track feedを付けたかったから。
これを貼り付けるとリンクを張られたのが分かるというもので
RSSリーダーで読み取るのです。
一つ一つの記事のトラックバックのURLの下にあるオレンジ色のものです。

ブログを始めてからもうすぐ6ヶ月になります。
初めは RSS?? という感じでしたが、使ってみると便利ですねー♪
ブログの更新が分かるだけじゃなくて、お気に入りのサイトやニュースなども
更新したら教えてもらえるなんて。

RSSリーダーって沢山あって、どれにしたら良いか凄く迷いましたが
お手軽なgoo RSSリーダーにしました。
それと、Bloglines
使い勝手の比較とか探したのですが、見付かりませんでした。
まぁ、この二つは有名だし使っている人も多いから良いはず!と思って。
まだ使い始めたばかりなので、使いこなせていませんが(汗
暇が出来たらヘルプでも読もうかな(ォィ


▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ変身| edit

2005年11月05日

ヴァイオリンマスタークラス

このサイトに感動するのは、極々一部の人だろうケド・・・。
ヴァイオリンに興味がある方だけ限定のサイト。

あまりに良いサイトなので、紹介するのは勿体無いと思ってしまう程です。
それくらい、この世界は競争激しいですから (-"-;A
でも、どうせ音楽雑誌とかにも載るだろうし、口コミでも広がるだろうから
紹介しちゃいます(笑)

Violin Masterclass

故ドロシー・ディレーの後継者、クルト・サスマンズハウスが
「音楽教育の荒廃から米国を救うには、小さい頃から楽器を習わせることも必要」と
立ち上げたサイト。

楽器の持ち方等の初心者から、プロを目指す人まで。
レベルに合わせて幾つもの映像で勉強できます。
コンクールやオーディション情報もあるし、メールで質問も出来るし
至れり尽くせり。

私は、自分が生徒に教える時に役に立ちそうな事柄が沢山ありました。
まるで公開レッスンを見ている感じです。
言語は英語か中国語かドイツ語のみ。
まぁ、これはしょうがないかな。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:41 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

2005年11月04日

「無伴奏」小池真理子

小池真理子の恋愛3部作の第1作目。
恋愛3部作の第2作、「恋」で第114回直木賞を受賞。

私は「恋」よりも面白かったです。

1960年代の学園紛争、デモ、フォーク反戦集会。
そんな中に生きる、若者4人。

私はこの頃の熱狂的なパワーを知りませんが、
何かに駆り立てられる様な騒然とした雰囲気の中
そんな事も忘れるくらいの最愛の人との恋愛。

読み終えた時、涙が出ました。
感動する!というよりも、じわじわと。

自分に対して「好きだ」「愛している」と言ってくれるのに
ナゼ、相手の心の奥は閉ざされているのか。

出てくる若者4人の青春がとても美しく描写されていて
読み終えた時に、まるで自分の事のように4人の美しい青春を懐かしんでしまいます。

真実を全てを知る事が幸せじゃない。
真実を知らせることが正しい事なのか。
相手にとって。自分にとっても。

408748212X無伴奏
小池 真理子

集英社 1994-09
売り上げランキング : 141,916
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:49 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit

2005年11月03日

先生は何を教えるのか。

今日、電車に乗っていたら小学生の遠足に遭遇しました。
たぶん小学1年生かな?
ガラガラだった一つの車両が、2クラスの生徒達で急にほぼ満員になりました。

座席に靴のまま上がる子。
友達と追いかけっこをはじめる子。
大きな声で叫ぶ子。

どうして先生はちゃんと注意しないのかしら。
注意はしても、形だけ。
少し注意して、先生も一緒に大きな声で笑っている。
別に「だから今時の若い先生は・・・。」なんて言いたいんじゃない。
だって、結構お歳を召している先生もいたから。

まぁ、この事はさておき。

私が働いている学校の先生が、ぼやいていた事があります。
最近は、何も考えずに怒れない。
その子の精神状態や、家庭環境など考えてからじゃないと。
勿論、少しでも体罰と言われる可能性が有る行為は絶対に出来ないと。

今の先生は大変なんだな。

「しつけは家庭でやること」
勿論、それは正しいと思うけれど。
色々な事情が有り、一言なんかじゃ片付けられないけれど。

先生の役割って、授業を教えるだけじゃないはず。
子供にとって為になる事は、その先生が出来る限りの全部を教えて欲しい。
そういう先生って、その子が卒業しても、大人になっても
尊敬する先生として心に深く残るのに。

自由に教えられる環境と、ちゃんと任せられる先生・・・。
たぶん、ニワトリと卵みたいなんだろうな。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:18 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記| edit

2005年11月02日

日本の借金時計

まずは、ココを見てみて下さい。

日本の借金時計

恐ろしい速さで動いています。
現時点(2005年11月2日午前0時30分頃)で
759兆9948億・・・書いている間にも759兆9949億・・・。

あふぅ。

「国の借金」=「普通国債の発行残高」であると定義づけして
修正を加え、日本の借金の全体像に限りなく近いものにしたそうです。

1年 あたり     約34,000,000,000,000円
1日 あたり     約93,150,684,932円
1時間 あたり    約3,881,278,539円
1分 あたり     約64,687,976円
1秒 あたり     約1,078,133円

何でしょう。この数字。
良く理解が出来ませんが(汗

コレを作る元となった、ニューヨークのマンハッタンにある
OUR NATIONAL DEBT CLOCK(財政赤字時計)。
昔、見たことがあります。
ほぇ〜っと、口を開けて眺めてました。

誰か、この時計を止めて下さい。
せめて、スピードを緩めて下さい・・・。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:39 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っておきたい事| edit

2005年11月01日

ラヴバトン

恋愛ネタ、なんとなく避けていましたが・・・。

ぱぱんさんから、まわって来てしまいましたよ (u_u*;)...。
(ぱぱんさんのブログにリンク張りましたが、違う経由です。)

恥ずかしいわー。
照れるわー。

ま、やってみます。


(*ノェノ)キャー
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:50 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(2) | 日記| edit

▲TOPへ