2006年03月31日

読みたい本リスト。

ブログ巡りをしていて知った面白そうな本。
新聞や雑誌で薦めている本。
本屋さんの手書きPOPを見て興味を持った本。
友達から薦められた本。

とりあえずメモに取り、ざっくりと大人買いでもしようと思っているけれど
その前に私の部屋には山の様に積まれている未読の本の山。

あちこちに散らばっているリストをまとめてみたら
かなりの数になりました・・・。

こりゃ、読み終わるのにどれだけかかるんだ?
読んでリストを少なくしたとしても、次々に新たに面白そうな本が出てくるでしょう。
これも楽しみ。

少し前まではこんな風には思っていなかったのに・・・
今はなんだか、思いっきり本を読みたい気分です。
なんと言っても、読んでいる間は現実逃避が出来る。
そんなに逃げたって、解決するわけでもないのになぁ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:27 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月30日

ママ。

親友が子供を産み、近々地方へ行ってしまうので
その前に赤ちゃんの顔を見なければ!と、会って来ました。

今までも同級生や友人で、ママになった子は数人居るけれど
少し遠い存在だった事もあって、感動もそこそこでしたが・・・
いやー・・・。

母は凄い!
生命の誕生って凄い!!

そんなの当たり前の事だけど、身近に感じると感動します。
新たな生命を産むとは大変な事。
そして、それを体験すると言う事は、凄く幸せな事だし、凄く大きな経験。

それにしても可愛かったなー♪

私も子供欲しいなー・・・
って結婚もしていませんが (-∀-;)

▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:51 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月29日

サイトのお値段。

ブログのお値段。の、続き。
「テンポ。」の値段がこんなにするとは・・・。
ぁ、お遊びでしたよね。

いやいや、こんな所もあるのです。
サイトの売買「サイトM&A」
ここの右の方にあるクイック査定してみました。

売り上げ 0円
経費 0円
月間ページビュー 1200×30日で36000
(seesaaページビュー数を参照)

結果は・・・

クイック査定.JPG

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオッッッ
「ブログのお値段」も意外と間違っていなかったのかしら(笑)

分かっております。
商売というものは、買ってくれる人が居るから売る事が出来る訳で・・・。

「クイック査定」とは違いますが「ネットキャッチャー」というサイトで査定をした
有名ブログきっこの日記さんは、2億円ですって。
わぉ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | サイト紹介| edit

2006年03月28日

ブログのお値段。

これは有名なサイトですけど、訳あって取り上げます(笑)

元ネタは海外の
How Much Is My Blog Worth?
ですが、ちゃんと日本円に換算してくれているのがこちら。
あなたのBlogのお値段は?

ちなみに、このブログ「テンポ。」はこんな感じ。

inboundblogs=15 inboundlinks=51
この blog の価値は $8469.6
(約997464円)
です。

あなたのBlogのお値段は?

作成者:りょーち

ふぅむ。
これを何処へ持って行けば換金してくれますか?(笑)

お遊びですね、はい。
分かってるけどさ( ´艸`)

続きは「サイトのお値段」へ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

2006年03月27日

「蛇にピアス」金原ひとみ

第130回芥川賞、第27回すばる文学賞受賞。
綿矢りさ同様、彼女が世に出て来た時は驚きました。
若干二十歳で芥川賞受賞だなんて。

話の内容は今時の若者の話だけれども、凄くヘヴィで驚きました。
舌ピ(舌ピアス)から拡張していって、舌の先を二股にする「スプリット・タン」にするところから話が始まり、刺青も加わって「身体改造」に興味を持つ少女。
書かれている内容も二十歳の子が書いたとは思えない内容で、読んでいてドキドキしてしまいました。
特に、「愛」と「セックス」について。

話を通して少女の寂しさが伝わってきました。
少女は何を求めているのだろう。
愛?ぬくもり?

勢いもあって、今後に期待したい作家です。

蛇にピアス蛇にピアス
金原 ひとみ

集英社 2003-12
売り上げランキング : 35,551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 22:15 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit

2006年03月26日

「港町食堂」奥田英朗

旅エッセイ本。
この人は、やっぱり普通じゃないという印象です。
船旅で各地の港町を訪れ、そこで美味しい物を食べたり、地元の人と触れ合ったり。

食べ物が美味しそうに描写されていて、船旅での港町めぐりってこんなに良いものなんだ!と、旅に行きたくなります。
毎回かなりの量を食べているので、気持ちが良いです。

なーんにも難しいことは書いてないので、気軽に読めます・・・
が!
結構、かなり、毒舌。
こんな事を本に書いちゃって大丈夫なのかしら?と、心配してしまうくらい。
まぁ、実際本になっているので大丈夫なのでしょうが(笑)

港町食堂港町食堂
奥田 英朗


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 11:42 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit

2006年03月25日

癒しの雨。

あぁ・・・。
優しい気分になります。

sasapong's roomさんの所で知った
Pictographic Labyrinth 「雨」
雨.JPG

画面上をクリックやドラッグすると、白い鳥が雨粒の様に水面に落ちます。
画面もとても綺麗で、ギターの様な音が素敵。
癒されるー(´- `*)

作者の方のHP->Storynest<-
こちらにも沢山の作品がありました。
私は「雨」が一番好きだな。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 20:08 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

2006年03月24日

よぉ!久しぶりっ!

気分もリフレッシュ!したはずが・・・

久しぶりに風邪をひいてしまいました(;´▽`A``
はしゃぎ過ぎたのでしょうか。
気が緩んだのでしょうか。

まぁ、今で良かった。

思いっきり読書でもしようかな。

追記 久しぶりだと思っていたけれど、そうでもありませんでした(笑)
私は風邪をひきやすいのかなぁ・・・。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 21:08 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月24日

言い訳を・・・。

くさくさと腐っていてはイケナイ!と
友人がスキーと温泉に誘ってくれました。

いやー、良かった。
楽しかったし、癒されました。
1泊2日だったのに、2日目は2人とも仕事だった為に朝に帰らないといけなかったので少し慌しかったのですが、充実した1日を過ごせました♪

写真を撮るのも忘れる程←言い訳。
ブログを更新するのも忘れる程←これも言い訳。

さてさて、頑張りますかね。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 11:55 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月22日

新発見?

楽器で演奏したいけど・・・
@練習するのが嫌、とか
A難しいから嫌、とか
B楽譜が読めないから、とか
C音が出せる環境じゃない、とか。

色んな人が居るし、色んな状況もある。

そんな人や状況に合わせて、楽器も最近は色々工夫されてきていますね。
ピアノだと、B楽譜が読めない人用に、鍵盤が光るのだったり
C音が出せない環境用に、音が消音出来たり。
ヴァイオリンなどでも電子モノが出て来て、イヤホンで音を聞いたり。

これは・・・
A難しくないんだよって理由になるのかな・・・。

新白鍵

新白鍵.JPG

えっと、「新白鍵」って「新発見」て事なんですかね(笑)
でも、どこが「ド」なのかって、どうやって知るのだろうか。
黒鍵が無いと余計に難しい気もしますが・・・
何事もチャレンジ!なのかな。うん。そういうことだ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:02 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(1) | サイト紹介| edit

2006年03月21日

複雑三昧。

目まぐるしい一日。

新しい仕事を仕事仲間に紹介して貰い、
実はあんまり惹かれる仕事では無かったけれど、とりあえず面接へ。
オーディションもあっけなく終わり、とりあえず頑張ってみる事に。

しかし、たったの3分のオーディションで合格したのは良いけれど
ナゼに2時間も事務所に居なければならなかったのかしら。
うむむ。複雑。


その後生徒をレッスンしたけれど、生徒のあまりのやる気の無さに
久しぶりに「ブチ切れ」ました(汗
とは言っても、実際は「ソフト切れ」くらいです。

趣味でやっている子に、練習がイヤになって楽器自体を止められてしまうのは避けたい。
楽しく出来なければ習っている意味がないと思うので、
あまりガミガミ言わない様にしています。

なのに、その生徒には全く怒った事がなかったせいか、
少しきつめに言っただけでかなり驚かれて・・・
「いつも言わない先生が言うって事は、相当我慢をされていたのですね」と
なんと生徒のお母様を泣かせてしまいました。
そして、謝られてしまいました。
気が付くと、何故か私も謝ったりしてて、何がなんだか分からなくなっていました。

なんだか・・・申し訳ない。
生徒はケロッとしていました。

昔の私を思い出して複雑な気分に。
私も練習が嫌いだったから、何度止めようかと・・・。
気持ちは痛いほど分かるのよ。
生徒の気持ちも、お母様の気持ちも。

上手くいっても複雑。
上手くいかなくても複雑。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 03:18 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2006年03月20日

「完璧な病室」小川洋子

小川洋子は最近お気に入りの作家です。
映画化もされ、一躍有名になった博士の愛した数式の様な、暖かく美しい世界を書いている本も大好きだけれど、
妊娠カレンダーの様な、じわじわと怖くなるような独特の世界も好き。

この「完璧な病室」は、じわじわと怖さが身に沁みて来る後者でした。
読んでいると、あまりの静かさに無性に怖くなり、背筋に寒気が走り、哀しみに身体が張り裂けそうになるのに、この本を途中で止める理由には全くならないという、怖いくらい魅力のある短編集です。

海燕新人文学賞受賞の「揚羽蝶が壊れる時」も収録されています。

異常な中にいると、正常なはずの自分が異常なのかもしれないと思う。
いったい、どこからが正常で、どこからが異常なのか。

収録されている作品
完璧な病室
揚羽蝶が壊れる時
冷めない紅茶
ダイヴィング・プール

完璧な病室完璧な病室
小川 洋子

中央公論新社 2004-11
売り上げランキング : 19,517
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit

2006年03月19日

食品添加物。

最近話題になっている「ポーション」。
ええ、あれです。
私も昔、FFやっていました(笑)
コンビニでも気になります。
SUNTORY FINAL FANTASY XII ポーション

飲みたいなって思っていたけれど、どうやら味の評判が・・・。
そして、気になるのが「青色一号」。


そうそう、いきなりですが、春ですね。
お菓子でもイチゴ味の物が増えてきて、非常に気になります。
以前、私が飲んでいたイチゴ牛乳。
生徒に教えてもらったのが、イチゴのピンク色は「コチニール色素」だと。
「コチニール」は身体には害がある訳ではありません。
でも、ね・・・。

物凄く敏感に気にしている方ではありませんが、
気になり出したら、気になってしまう。
食品添加物。

とりあえず、気になるものは確かめよう。
添加物データベース

日本はこれでも良い方だと思います。
外国のお菓子とか、驚くような色使いだし・・・。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 03:27 | 東京 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | 知っておきたい事| edit

2006年03月18日

オススメ★付けました。

遅くなりましたが、本を読んでカテゴリに
私のオススメ度を★にして付けてみました。
各々の記事の一番最後に付け足してあります。

評価は10段階。
1〜3  イマイチ・・・
4〜6  まぁまぁ・・・
7〜8  結構オススメ
9〜10 かなりオススメ

一応付けたのですが、読んだ時の気分によって評価も違います。
「たまたま私が読んだ時の、私の気分でのオススメ度」です(汗

もし興味がある方は、良かったら参考にしてみてくださいね。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | ブログ変身| edit

2006年03月17日

ご褒美は?

やっと終わりました。
疲れとストレスとスギ花粉のせいで、お肌がボロボロ、心もボロボロ(?)です。

思い返すと、ここ何年か、自分の為にご褒美をあげてなかった!
ちょっとの間ゆっくり過ごせそうなので、
自分の好きなことの為に時間を使い、お金を使おうっと。

これくらい、いいよね?

さてさて、ご褒美は何にしようかな。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 20:29 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月15日

実験。

ブログ投稿画面が何かおかしいと思ったら・・・
seesaaに新機能!
【新機能1】リッチテキストエディタ
【新機能2】記事の予約投稿
【新機能3】ポータルTOPのモブログ画像表示
【機能強化1】記事の一括編集機能の強化
【機能強化2】RSS2.0のiTunes用エレメントの追加

なんと言っても、記事の予約投稿は物凄く助かる!
これは嬉しい♪
かなり嬉しい♪

という事で、実験してみちゃお( ´艸`)
早速この記事は予約投稿にて。
ドキドキ。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:00 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(1) | ブログ変身| edit

2006年03月14日

良い事、嫌な事。

良い事。

今日は、学校の2年生の生徒2名が「2年間お世話になりました」っていう事で
歌を歌ってくれました。

ヴォーカルとピアノで。
しかも明日の卒業式をする講堂で、勝手に関係ない名義で借りてきた、マイクとピアノを使って!(笑)
かなり広い空間に声とピアノが響き渡っていて、聴いている私の方が、怒られるんじゃないかとビクビクしちゃいました。
いやー、嬉しかったなー♪

ちょっとだけ、補足。
音楽を学んでいる学校なので、それぞれ専門に勉強している専科があるのですが
2名は、歌の専科でもピアノの専科でもありません。
この二人は自分の専科も頑張って良い成績を上げていますが、それぞれヴォーカルとピアノでも、かなり良い線までイケるんじゃないかと思っています。(既に一人は実際に結果も出してるし)
二つも出来る事があって、羨ましいなぁ。

嫌な事。

今日の帰り道、繁華街なんか通ってないのに、2回も酔っ払いに絡まれました。
ふんっ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 22:39 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月13日

バレる。

あぁ・・・。
もう、思い切って書いてしまおう。

先日、学校に行ったら
「このみさん!」と声をかけられました。

・・・。

え?

・・・。

ん??

もうね、のけぞりましたよ。
固まりましたよ。

声をかけてきたのは、学校の生徒です。
勿論、ココの事は知らないはず、でした。
ココには学校ネタも時々書いてるけど、検索でヒットしないように
細心の注意をしているつもりだったし。

実は、物凄く疲れていて眠さ限界の時に
知人のブログにコメントをしたのですが・・・
いつものクセで、URLを入れてしまっていたのです。

わははは(汗

と言う事で、リアルの私の印象が壊れる事となりました(;´▽`A``
猫被っていたところもバレバレかも(笑)

もうすぐ学校で会えなくなるから、ま、いっか (-ェ-*)
・リンク禁止
・他言禁止
・見たらコメント←これはウソ。
これからもよろしくね(笑)

▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:55 | 東京 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年03月12日

つーかー。

とりあえず、一年の内で一番メンドクサイ本番が終わりました。
残るは卒業式のみ。

この本番、メンドクサイと書きましたが、やることが一番多くて・・・。
でも、今回で5回目です。
5回やっていて、いつもは前日まで心配だらけでしたが、今回は不思議なくらい何の心配もありませんでした。
これは、私のパートナーのおかげですね。
今まで一緒にやった事のあるパートナーの内で、一番「つーかー」でした。
有り難い。

舞台袖で、緊張している生徒の背中を見ながら
「頑張っておいで!」「大丈夫よ!」と見送るのも、
なかなか良いものでした。
その子達がその日までどれだけ頑張っているかと様子を知っていると
尚更応援したくなるものです。
演奏を聴いて、舞台袖に帰ってくる時の色んな表情を見るのも、
なかなか良いものでした。

生徒達の成長を見るのって、本当に嬉しい。
演奏を聴きに来て、終了後手伝ってくれていた卒業生が
「俺も昔はこんなだった?」と言っていたのに笑ってしまいました。
「君は、全然手伝わなかったよねー」と言うと、
「まぢ??」と驚いていました( ´艸`)

どんどん大人になって、これからも素敵な演奏をして欲しいな♪
▲TOPへ
posted by このみ。 at 21:41 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2006年03月11日

「かなえられない恋のために」山本文緒

この人は、本当に女性の気持ちを書くのが上手いです。
しかも、この本では「30歳になるまでは」という、私にとってヒジョーに気になる部分を書いています。

いつもの様に頷きながら読みましたが、特に気になった部分。
人は何事かをなす為に生きているんじゃない。何も成さなくてもいいのだ。自分の一生なんて好きに使えばいいのだ。

これには、ハッと息を呑んでしまいました。
とても気持ちが楽になれる感じ。
色々考えすぎの山本文緒は、色々考えすぎの私の心を整理してくれます。

そうそう、三毛猫って、ほとんどがメスなんですって。
オスになるのは遺伝子上では奇形らしいですよ。
知りませんでした。ほぇー。

かなえられない恋のためにかなえられない恋のために
山本 文緒

幻冬舎 1997-06
売り上げランキング : 172,969
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:03 | 東京 ☔ | Comment(10) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。