2006年04月30日

黄金週間。

ゴールデンウィークかぁ。
海外旅行者の数、史上最高ですって。

私はGWは勿論、お正月休みもお盆も、世間一般のお休みに逆らって生活していますので、いつも通り不定期に仕事をし、不定期にお休みがあります。
最近はこういう人達も増えてきましたね。
最近の接客商売では当たり前かもしれないけれど、前に比べてお休みの日でもお店もレストランも、ちゃんと開いている様になったしな。
それはそれで大変だろうな。
何処も彼処もコミコミ。

あぁ。
旅行に行きたい。
遊びに行きたい。

こんな風に思って、誰を誘おうかと少し考えたけれど、同性の友達はみんな結婚しちゃったんだったな・・・。
同業者はみんな忙しそうだし。
悲しく孤独な三十路のGW (-"-;A

あ、皆さんは良いGWを♪
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:01 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年04月29日

『トゥー・ブラザーズ』

どんな映画なんだか、ジャンルすら知らないで観ました。
初めのシーンで虎の交尾が出て来て、面白いのかどうか少し不安になり、このまま観続けるかどうか、どうしようかと思ってしまいましたが、観て良かった(笑)

母性本能出まくりです。
虎の赤ちゃんが物凄く可愛く、手に汗握る展開の部分を観ている間は、ウチで飼っている犬を抱きしめていました。

人間の傲慢な欲望と自己満足の為に、自然の流れを勝手に変えてしまうということへの忠告でもあり、ただただ「愛」をテーマにしている事でもあり、観終わった時に胸の奥がジーンとしました。

よく撮影できたなぁーと、ひたすら感心してしまう映画でした。

トゥー・ブラザーズ オフィシャルサイト
監督 : ジャン=ジャック・アノー
出演 : ガイ・ピアース / ジャン=クロード・ドレフェス / フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー / フレディー・ハイモア

トゥー・ブラザーズ コレクターズ・エディショントゥー・ブラザーズ コレクターズ・エディション
ガイ・ピアース ジャン=ジャック・アノー フレディー・ハイモア

東宝 2005-02-25
売り上げランキング : 7,330
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観て| edit

2006年04月28日

経県値。

生まれてから今まで、どれだけ日本を経験してますか?
私は、かなり偏っている事が分かりました。

引越し経験は一度だけ。
しかも同じ東京都内。
仕事で時々地方に行きますが、行く場所は大体同じ。
後は旅行だけど、最近ご無沙汰・・・。

経県(経県値&経県マップ

ここで、居住・宿泊・訪問・接地・通過を選択します。
私はこんな感じでした。
116点。
このみ。の経県値

ね?
偏ってます(汗
真っ白なところでの仕事、是非ください!(笑)

通過っていうのが、どこまでを入れてよいのか分からず・・・。
新幹線で通過したのは入れるけど、飛行機で上空を通ったのは入れないとか
自分で色々決めちゃってもいいかも。

ココのTOPの都道府県市区町村には
色んなデータが沢山ありました。
地図や場所を詳しく知りたいときに、かなり使えそうです!
▲TOPへ
posted by このみ。 at 11:42 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(1) | サイト紹介| edit

2006年04月27日

「スイートリトルライズ」江國香織

一人の時間を大切に思っている。
女くささが欠けている。
でも心が飢餓している。
あーあ。なんだか自分の胸に手を置くと、3つとも当てはまっている気がします。

一人の時間を大切に思う夫婦が、ダブル不倫をする。
ダブル不倫だなんて書くと、イメージがモクモクと湧き上がるけれど、それとは全く違う。
とてもキレイなダブル不倫。

自分に正直になれない人は、今まで「良い子」でやってきた。
これも私に当てはまる気がする・・・。
そんな私も、自分に正直に生きている人には憧れるし、近くにいたいと思う。
少しでも私自身も正直になりたいと思う。
ただ、正直に生きている人が羨ましくもあり、妬ましくも思うことがある。

嘘をつくのは、守りたいものがあるから。
守りたいと思わなければ、嘘はつかない。

いやー、わかるわー。

スイートリトルライズスイートリトルライズ
江國 香織

幻冬舎 2004-03
売り上げランキング : 79,960
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:09 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit

2006年04月26日

危険なドレッシング。

夕飯のサラダにかけたドレッシング。

出来る時は、自分で作ります。
やっぱり美味しいから。
でも今日はレモンをきらしていました。

市販のドレッシングも冷蔵庫に無く、ストックしてある場所から探しました。
何味にしようかなー♪
イタリアン?
中華ゴマ?
青しそ?

和風ゴマ発見!
これでしょ( ´艸`)
賞味期限2007年。
よしっと。

パッケージを開けて、サラダにかける。

食べる。

ん?

んん?

変な味。

何かがおかしい。

良く見たら、賞味期限2001年!!

あまりに古くて、汚れていました(´;ω;`)
ありえない・・・。
3口食べちゃいました・・・。

食中毒は食べてから30分が勝負と聞いたことがあります。
もう30分は経過して、特に変なところは無い。うん。
でも、非常にキモチワルイです。気分が。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年04月25日

人間以上の犬。

延び延びになっていたけれど、ウチの犬「ルーク」を動物病院に連れて行きました。
狂犬病の予防注射の為。

順番が来て、診察台にルークを乗せます。
そこは量りになっていて、体重が分かるようになっています。
「4.4Kgね。」
体重測定終了。
マルチーズでこの体重は重すぎですが、それは置いておいて。

「元気ある?食欲ある?」
「はい、元気で食欲もあります。」
問診終了。

上の体重測定と、問診。
狂犬病の注射。
10月までの蚤取り薬。
12月までのフィラリア用の薬。

以上、23,920円也。

保険が無いからしょうがないけど、結構するんだなー (-∀-;)
5月に入ったら、今度は6種混合という注射をしなければ。
体重測定と問診、元気な時は要らないのですが・・・。
いや、状況からして避けられないな(笑)
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:47 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年04月24日

初Firefox!

前から気になっていたFirefoxをインストールしてみました。
IEしか使ったことが無かったので、ドキドキでした。

いつまでもパソコン初心者級の私にとって、IEの設定とかもいつも大変な思いをしていたので、ダウンロード→インストールと、すんなり出来るかも不安でしたが・・・
いやいや、何の問題もありませんでした (〃´o`)=3

何よりも、このブログがFirefoxで、どう見えているか不安でしたが、思ったよりも大丈夫でした(笑)

タブブラウザ、便利ですねー♪
いろんなページを一度に沢山、簡単に移れる!
まだまだ使いこなせていないので、これから楽しみ。

まだ使っていなくて興味のある方は是非♪
Firefox

機能とか使い方とかツールとか、既に使っている方でオススメがありましたら
どうか、この新人に教えてくださいm(_ _)m
とりあえず、ブックマークの順番が自由に動かせずに、見たいところを探すのに手間取っている段階なので(笑)
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:50 | 東京 🌁 | Comment(10) | TrackBack(1) | 日記| edit

2006年04月23日

私だけの金メダル。

かっこいいタイトルを付けてしまったわ。

私は金メダルを貰った事あったかしら。
小学生の運動会とかでは貰ったかも。

ちょっと「Konomi」をデザインして作ってみました。
手がプルプルしちゃって、凝った物が出来ません(汗

魂の叫び:金メダル製造マシーン!

金メダル.JPG

こういうの、楽しいな( ´艸`)

そうそう、この前電車でトリノオリンピックのフィギュアスケートの
荒川選手の話をしている人が居ました。
「最近CMも良く出てるよね」
「人気者だものー」
「あの曲いいよね」
「イナバウアーの曲?」
「そうそう、イナバウアーの曲!」

その人たちにとってイナバウアーが曲名になっていましたが、
それくらい感動も貰ったし、印象にも残っていますもの。
日本人のかなりの人が知る事になった、ワザの名前。

魂の叫び:金メダル製造マシーントレノ版

金メダルイナバウアー.JPG
▲TOPへ
posted by このみ。 at 07:00 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

2006年04月22日

プロフィールバトン

かなり久しぶりのバトンを頂きました。
今回は「プロフィールバトン」。
ぐーとさんからまわってきました。

私のプロフィールは、簡単だけどココにも書いてありますが
ローカルルールが長すぎて、プロフィールが目立たない(汗
まぁ、目立ちたい訳じゃないんだけどね(*´ρ`*)



では、やってみます♪
▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:02 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記| edit

2006年04月21日

「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン / 訳 越前敏弥

この本のおかげで、私の生活時間が乱されました。
元々乱れているけれど、さらに。
世界中でベストセラーになるのも納得かな。
この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、全て事実に基づいている。
と、あるだけにこの話の中には上記のものが沢山出て来ますが、全て有名なものばかり。
題名からしてレオナルド・ダ・ヴィンチが関係している事は分かりますが、ココまでとは思っていませんでした。
スケールの大きな話。

私はキリスト教ではないので、キリストやキリスト教について、普通の日本人レベルの知識しかありませんでしたが、この本でかなり詳しくなった気分になっています。
まぁ実際は、ほんの一部なんでしょうが。
聖杯、十字軍なども興味深く出てきます。

モナ・リザ、ウィトルウィウス的人体図、最後の晩餐と、誰でも知っているものが真相を明かす重要な鍵として出てきます。
最後の晩餐は、実際に見に行った事がありますが、この本を読んだら他のものも実際に見てみたくなりました。

有名な物はそれだけではなく、ウォルト・ディズニーや、モーツァルト、シェイクスピア等の名前も出てきます。
モーツァルトがフリーメイソンだとは知っていましたが、ディズニー、シェイクスピア、ワーグナー、ベートーヴェン、ガーシュインもだったとは・・・。

キリストの真実、キリスト教の真実を、上記の世に名前を残した人たちがそれぞれの分野で、こっそりと、または結構大胆に残している事に物凄く興味を持ちました。
上記作品へのこれからの接し方が変わりますね。

幅広い知識も所々に書かれていて、それを知る事が出来るのも嬉しいし、暗号を解く過程が面白く、場面がどんどん変わります。
細かく区切れているから、読むのを中断しやすいはずなのに、そんなこと出来ませんでした(汗

全ては事実に基づいていると書かれていますが、小説は小説。
何よりも、この本に書かれていることに興味を持ってしまって、もっと詳しく知りたい!本当のところを知りたい!とスケールが大きい話なだけに、興味を持つ範囲も大きくて困っているくらいかも(笑)

裁判にもなり、映画にもなり、世間を騒がせているだけの事はあるな。
とりあえず、次に「ライオン・キング」を観る時は、一時停止しなくちゃ!

ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2004-05-31
売り上げランキング : 331

おすすめ平均 star
star宗教に無関心な人こそ読むべし!
star評判どおり面白い
starこの本は、ページをめくる手を休めさせてくれない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ダ・ヴィンチ・コード (下)ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2004-05-31
売り上げランキング : 438
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 18:43 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(8) | 本を読んで| edit

2006年04月20日

記事内でリンク移動

ずっと気になっていた事。
本を読んでカテゴリの作家別索引の数が増えてきて、
マウスのグリグリで下に移動するのがメンドウになってきました。

一つの記事内でパッと瞬間移動出来る様になりました♪
自己満足なんですけど(笑)

瞬間移動させたいところに
<a name="任意の半角英数文字"></a>
を入れて
それを表示したいところに
<a href="#をつけて、先ほどの任意の半角英数">瞬間移動元のリンク部分に書きたい文字</a>
を入れます。
↑「<」と「>」は全角にしていますが、半角です。

作家別索引を例にすると
「あ」「か」・・・・・・というのが後者。
そのリンクをクリックして飛ぶところに前者を入れます。
前者はページ上では表示されません。

ビュン!と瞬間移動♪
嬉しいなー(笑)
まぁ、ブログ変身っていうよりもリンクタグなんですけどね。
で、自己満足なんですけどね。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(1) | ブログ変身| edit

2006年04月19日

「まぶた」小川洋子

現実と悪夢の間を揺れ動く不思議なリアリティ
まさに、その通り。
じわじわと怖さが身に沁みて来る短編集。

小川洋子には独特の世界観がある。
それがこの本を読んで、村上春樹の世界観に少し似ている気がしました。
似ている部分がある、と言った方がいいのかな。
勿論同じものではないけれど、読みながらどんどんその思いは強くなりました。
小川洋子ファンと村上春樹ファンに怒られてしまいそうだけど、
私は両者とも大好きなのでお許し下さい(笑)

表題作の「まぶた」も良かったけれど、それよりも私が面白かったのは「バックストローク」と「リンデンバウム通りの双子」。
背筋がすぅーっと冷たくなるのに、登場人物が暖かい。
静かな世界でゆっくりと時間が過ぎていく感じ。

しばらくしたら、もう一度読みたいな。

収録されている作品
飛行機で眠るのは難しい
中国野菜の育て方
まぶた
お料理教室
匂いの収集
バックストローク
詩人の卵巣
リンデンバウム通りの双子

まぶた
まぶた小川 洋子

おすすめ平均
starsホテルアイリス
stars苦くて不思議な味の短編集
starsステキな時間が流れています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 14:03 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit

2006年04月18日

プチッ。

どんな曲にも「フレーズ」があります。

演奏している時、フレーズの途中でプチッと切るということは、言葉でいうと文章や単語の途中できるのと同じ事だと思います。

曲の最後とは言わない、フレーズの最後までは弾かせて欲しい。

イベントの様なところで演奏したのですが、イベントの進行に演奏が合わせなくてはならなくて、時間設定が難しいんです。
事前に時間が分かっていれば、それに合わせて曲を選んだりも出来るし、フレーズの切れる所にもっていくことも出来るのにな。

「○○が終わったら、曲も終わらせてね。」と言われ
その時にせめて5秒でも時間をもらえれば、終わるメロディーに無理やりもっていったり、だんだん小さくしたりと、どうにかするのに・・・それすら貰えず(笑)
どうにもこうにも、プチッと切らなくてはなりませんでした。

あぁぁぁ、キモチワルイ(#゚д゚)

聴いている人は気にならないのかしら。
まぁ、指示を出している人が気にならないんだろうな。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:08 | 東京 ☀ | Comment(15) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2006年04月17日

『クイール』

お腹にブチのあるラブラドール・レトリバー「クイール」が、盲導犬になり、視覚障害者のパートナーとして生きていく話。
泣くんだろうなと思いながら観て、やっぱり泣かされました。
動物モノには弱いですね。

他の犬とは少し変わったクイールと、結構変わり者の視覚障害者「渡辺」とのコンビが、なかなか良いです。
クイールの演技もなかなかのものでした。
色んな人と何度も別れがあり、その度に振り向き悲しそうな表情をしたり、鼻の上に毛虫が乗って驚いたり、褒めてもらって喜んだり、かなりの演技派犬。

途中で流れるBGMのマスカーニ作曲カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲に、やられました。
この曲は有名だから、良く色々なところで使われるけれど、反則だわ(笑)

監督 : 崔洋一
出演 : 小林薫 / 椎名桔平 / 香川照之 / 戸田恵子
寺島しのぶ / 黒谷友香 / 名取裕子

クイールクイール
小林薫 石黒謙吾 崔洋一

松竹 2004-09-25
売り上げランキング : 14,126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 16:07 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年04月16日

芸術作品でしょ。

人間の手って凄いですよね。
繊細な作業も出来るし、個々を判別する為の指紋もあるし。

ちょっと前から、色んなところで見かけますが、素敵なので紹介。

Ezprezzo.com

Ezprezzo.JPG

リアルですよね。
手の関節を最大限生かしていると思います。

Ezprezzo2.JPG

手のしわが良い味出してるよなー。

他にも色々ありましたので、興味がある方はゼヒ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:27 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

2006年04月15日

小さな国会。

最近、ほとんどテレビを見なくなりました。
今使っているパソコンにした時に、テレビチューナーが付いていたので、部屋にアンテナを引いて貰う工事までしたのに。
大体はニュースと天気予報くらいかな。

でも、先週と今週続けて見てしまった、
日本テレビ「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」という番組。

爆笑問題の大田光が総理大臣として、ゲストを国会議員として、毎回様々な珍マニフェストを番組内国会で議論し、最後に投票で法案の賛否を決めます。

例えば・・・
「一年間アメリカとの国交を断絶する」
「株取引ができるのは、還暦からにする」
「結婚制度を廃止する」
「ネット掲示板の書き込みを一文字百円にする」
「首相候補者には適性試験を行う」
こんな感じ。
すべて日本が幸せになる為のマニフェスト。

こんなのありえないよー!と思いつつ、見ているうちに太田光の説明やらゲストとの討論から、意外と良いかも?なんて思ってしまったりして、結構面白い。
ゲストも政治家からタレントやコギャルまで、出されるマニフェストに応じて出演し、結構激しい討論をしている。
太田光の血管が切れそうで心配になるけれど(笑)

今日は、小泉さんから前5人の首相の名前が思い出せなかったり、イラクの場所が分からなかったりする、自民党政治家の慌てぶりが目玉だったのかな。
結構ドギツイ事も言ったりしているし、太田光オンステージみたいな感もあるけれど、ちょっと注目中の番組です♪
政治に興味が無い人でも興味を持ってしまうかも。

太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。
↑公式ページなんだけど、なんにもコンテンツがありません(汗
まぁ、そのうち出来るかもしれないし・・・。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | お気に入りモノたち| edit

2006年04月14日

ヒタヒタに浸る。

ちょっと前、元生徒達と飲んでいて終電が無くなり、ファミレスで始発を待っていた時の事。

「この曲やばいっす。」と言って、聞かせてくれた曲がありました。
やばいというのは、マニアックという事で・・・
他になんと説明をしたら良いのか難しいなぁ・・・
音楽ジャンルとしてはクラシックなのかな。
現代音楽だったっけかな。
有名な曲でもないし、私も初めて聞きました。

イメージとしては「ひたすら落ちる」という感じ。
元気が出る曲ではなくて、元気がなくなる曲というか。
テンションが下がる曲というか。
悲しい曲とか寂しい曲とも少し違うのですけど。
どぉぉーーーん・・・と落ちるイメージ。

精神的に参っている時、部屋を暗くして、目を閉じて、この曲を聞くのだそう。
そうして、どこまでもどこまでも、一度テンションを下げて
苦しくなって、悲しくなって、泣けてきて、どうしようもなくなって・・・
どん底まで落ちたら、上がるしかないじゃん!と、上がってくるのだそうです。
その子はいつも元気な子だから、少し以外だったのもあるけれど、その曲とその話は私の中になんとなく残っていました。

ふと今日、その曲が頭の中で思い出されたのです。
一度しか聞いていないし、メロディックな曲でもないから、ほとんどはイメージでしか覚えていないのだけれども、頭から離れない。

その子みたいに、落ちている時はそれに浸ってみるのも良いかもな。
ヒタヒタとね。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:48 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記| edit

2006年04月13日

「肩ごしの恋人」唯川恵

第126回 直木賞受賞。
とても読みやすく、一気に読んでしまいました。

女は2種類。
女である事を武器にする女か、女であることを弱点に思う女か。
これだけを読むと極端に思ってしまうかもしれないけれど、女性だったらこの本を読んで2種類のどちらかに、少しは当てはまる事があると思います。

主人公の女性二人、「るり子」と「萌」は27歳。
幼馴染で、対照的な性格・恋愛観を持ち、幸せになる為にもがいている。
そんなところに15歳の「崇」が入り、二人は15歳の彼から色んな事を教えてもらう。

自由に欲しい物を貪欲に追い求める「るり子」と
どこか冷めた目で自分を見ている「萌」。

対照的な二人だけど、どちらにも共感できる部分があるはず。
私は特に、萌に共感してしまいました。

肩ごしの恋人肩ごしの恋人
唯川 恵

集英社 2004-10
売り上げランキング : 60,384
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit

2006年04月12日

ちょっとだけ安心。

先日のエントリー「複雑三昧。」の後半で書いていた生徒の事。

ご両親と生徒で話し合いをしたようです。
そんなにイヤだったらやめるかどうか。

その結果、楽器がイヤなわけじゃなくて、他にしたいことが沢山ありすぎて、楽器を練習する時間が無く、いつまで経っても上手になれないのがイヤという事。
とりあえずは続けて、レッスンの間だけは頑張るとの事。

中学生といえば、部活やら勉強やら遊びやらで忙しいのも当然。
それに加えて、他の人がやっていない楽器も、となると優先順位が下がるのも分かる。
週1のレッスンの間だけでも頑張ってくれれば、どうにか曲を弾けるようにしてあげるよって話をして、ご両親と生徒と私、お互いに納得しました。

子供のレッスンは大人の方に比べて、親に勧められてやっているケースが多く、こっちはその子の演奏を聴いていれば好きなんだか嫌いなんだかすぐに分かるのに、なんとなくやめられないって事がよくある。

練習は誰だってイヤなんだよ。
プロの人だってイヤって言うくらい。
それでも練習を頑張ったら上手く演奏できるし、演奏している間は楽しいよ。

私が何度もやめようと思った経験があるので、ちょっと神経質になっているのかもしれないけれど、私が教えている時に楽器が嫌いになってやめちゃうのだけは避けたい。
とりあえず、今回はクリア。
ほっ。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 14:19 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 職業 : 音楽家(仕事日記)| edit

2006年04月11日

ブロガー検定。

毎日の更新、結構きつかったりします(笑)
自分の事を書こうにも、ちょっとテンションが低い時期なので
くらーいエントリーになっちゃうし。

それでもなるべく毎日更新を目指して・・・。
いえいえ、楽しんでいます。
もう日課になっていますし。

こんなのやってみました。

ブロガー検定

私の結果。
このみ。さんのブロガー度は、 78 レベルです。
ランク:A
偏差値:62.5
順位:587位 (5548人中)
このみ。さんのブロガー的アドバイスは:
テンションがいつもと違う記事を書いてみよう!

ぶ(笑)
テンションを変えろと。
ずばり言われました。
結果は思ったよりも良くてビックリ。
こんなのも貰えます( ´艸`)

ブロガー検定.JPG
▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:32 | 東京 ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | サイト紹介| edit

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。