2008年11月19日

「ニシノユキヒコの恋と冒険」川上弘美

なぜ僕はきちんと人を愛せないんだろう――とめどないこの世に、真実の愛を求めてさまよった男一匹の恋とかなしみの道行き。切なさあふれる傑作連作集

1人の男性「ニシノクニヒコ」を10人の女性から見た10編の連作短編。
ニシノくんは、とにかくモテる。
女性の扱い方は天性のもので、甘え上手、顔とスタイルも良い、要領も良い、頭も悪くない。ワォ。
それでも女性を心から愛せない。
そして、必ず最後は女性の方から別れを告げられる。

こんな男性、ここまで行かなくてもこれに近い人って居ると思う。
これだけモテるなら良いかなとも思うけれど、やっぱり寂しいよな。
女性の視点から書かれているので、とても共感できる。
私の友達(男性)がこの本を読んだけれど、いまいちダメだったらしい。
やっぱり男性と女性で、考え方や感じ方が違うのね。

ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)
ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 460
  • 発売日: 2006/07
  • 売上ランキング: 36609
  • おすすめ度 4.0

★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ