2009年02月21日

「スローモーション」佐藤多佳子

内容(「BOOK」データベースより)
柿本千佐、女子高の1年生。22歳のニイちゃんは元不良で無職、父さんは小学校教師でクソ真面目人間、母さんはお見合いでバツイチ堅物男と結婚した専業主婦。父さんはあたしに、修道女みたいなタイプを望んでいる。最近、いつも動作がスローな同級生・及川周子が気になってしかたがない―。『しゃべれどもしゃべれども』などで話題の著者による、ちょっと痛くて切ない少女たちの物語。

外見が派手なら、内面も派手か。
行動がスローなら、トロイのか。
どうしたって見かけの印象が強いから、その通りの人かと思ってしまいがちだけれど、その通りのはずは無いんだ。
思春期の気持ちのゆれを思い出しながら読みました。
こんな歳を取ったって、外見で判断してしまう部分もあるのを思い出し、反省。

スローモーション (ピュアフル文庫)
スローモーション (ピュアフル文庫)
  • 発売元: ジャイブ
  • 価格: ¥ 567
  • 発売日: 2006/06/01
  • 売上ランキング: 86182
  • おすすめ度 4.0

★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 22:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スローモーション 佐藤多佳子
Excerpt: 柿本千佐、女子高の1年生。22歳のニイちゃんは元不良で無職。 最近、同級生・及川周子が気になってしかたがない。 及川周子の動作が遅...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-08-05 05:12

▲TOPへ