2009年04月16日

帰国、そしてありがとう。

帰国してから随分経ちます。
帰ってきたら愛犬ルークが居ませんでした。


出発の日、私が家を出る時に親とルークは散歩へ行ってしまい、慌てて後を追いかけました。なんとなく胸騒ぎがしていたんだと思います。
なにしろ住宅街で道が沢山あり、どのルートで行っているのか分からず、結構探しました。幸い無事見つかり、荷物も多いので近くの駅までルークと一緒に、車で送ってもらいました。
最後に抱っこをして、バイバイと手を振る私を見つめる、あの時のことは忘れられません。見えなくなるまでずっと私のほうを見ていたあの顔。


3月22日、日曜日だったこともあり両親に見守られながら、息を引き取りました。


最後の瞬間に一緒に居てあげられなかったことが心残りです。
でも、15年と3ヶ月。
最後の方は心臓の発作も起きてしまい、辛い時もありました。
今まで本当に良く頑張りました。
寂しい時、悲しい時、いつも助けてもらいました。
楽しい時、嬉しい時、一緒に笑ってくれました。
私にとって家族の一員、兄弟のような存在でした。
心から、ありがとうと言いたいです。


帰国した直後は、時差ボケもあって夜に眠れなかったのですが、いつも一緒に寝ていたこともあり、寂しくて辛かったです。私の脇のところがルークの定位置だったのに居ないので、寒くて震えていました。エアコンの温度をいくら上げても寒くて震えていました。

他の犬の鳴き声を聞いても、散歩中の犬を見ても、ようやく大丈夫になってきました。
お墓参りにも行って来ました。
でも、まだ、残しておいたルークの毛を庭に埋められません。
もう少し、もう少しだけ。

ルーク アップ1.jpg
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ