2009年06月08日

「ハナシがちがう! - 笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文

内容(「BOOK」データベースより)
上方落語の大看板・笑酔亭梅寿のもとに無理やり弟子入りさせられた、金髪トサカ頭の不良少年・竜二。大酒呑みの師匠にどつかれ、けなされて、逃げ出すことばかりを考えていたが、古典落語の魅力にとりつかれてしまったのが運のツキ。ひたすらガマンの噺家修業の日々に、なぜか続発する怪事件!個性豊かな芸人たちの楽屋裏をまじえて描く笑いと涙の本格落語ミステリ。

落語の話は「しゃべれどもしゃべれども」以来です。
こういう本を読むと、落語って面白そうだなと思うし、ちゃんと観てみたいって思う。なかなか機会が無いのが残念。もう少し勉強してからじゃないと、ちゃんと楽しめない気もするし。
でも、ここで紹介されている話だったら内容も分かるし、どれも面白そうです。登場人物のキャラもみんなとっても魅力的で、どんどん読み進みました。
あぁ、面白かったー。

目次
たちきり線香 / らくだ / 時うどん / 平林
住吉駕籠 / 子は鎹 / 千両みかん

ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺 (集英社文庫)
ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺 (集英社文庫)
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 560
  • 発売日: 2006/08
  • 売上ランキング: 27815
  • おすすめ度 4.5

★10/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:50 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
ガマンするの?
Posted by BlogPetのるーく at 2009年06月09日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121119266

この記事へのトラックバック

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。