2009年06月27日

「君たちに明日はない」垣根涼介

山本周五郎賞受賞。

この本の評価はかなり割れているようです。
私は面白いと思いますが、今までの垣根涼介の文章とは違うので、評価割れの原因はそのせいなのかな?

リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行、女の子に泣かれ、中年男には殴られる。はっきり言ってエグイ仕事だ。それでもやりがいはあるし、心も身体も相性バッチリの恋人もいる。そして明日は……? 笑って唸って泣かされる、恋と仕事の傑作エンタテインメント!

リストラする人を選出する仕事というだけで、気持ちがゲンナリしてしまうけれど、ちゃんとその人の事を調べて、会社にとって一番良いリストラをしていく。
会社に残りたい、今後の生活がかかっている、会社にしがみつく社員を冷たく対応する面接のシーンは笑い事ではないけれど、食い入るように読んでしまいました。
全5章で書かれていて、「旧友」と「去り行く者」が面白かったです。

君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))
君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2007/09/28
  • 売上ランキング: 47797
  • おすすめ度 3.5

★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:26 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりにTBさせてもらいます。
この作品、評価が分かれてるんですね〜。
知らなかった・・・。
読んだ当時は、面白いなぁとただ思っていたけど、不況がこれだけ深刻だとまた違った見方になるのかもしれませんね。
垣根さんはこの本しか読んでないのでまた読んでみたいと思います。
Posted by sonatine at 2009年06月27日 14:50
>sonatineさん
お久しぶりです!
TB&コメント、有難うございます。
この本、垣根さんの他の本とは結構違いますので、
機会があったらゼヒ他の本を読んでみてください♪
これはこれで面白かったですよね。
今の状況だと、確かに違った見方になりますね。
(実はこの本を読んだのって、だいぶ前だったりします・・・汗)
今だと更に笑えないかも・・・。
Posted by このみ。 at 2009年06月29日 01:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122313324

この記事へのトラックバック

君たちに明日はない
Excerpt: 君たちに明日はない垣根 涼介 新潮社 2005-04-01売り上げランキング : 9,305おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools リストラを専門に請け負う会社...
Weblog: 寝ていられるのになぜ起きる?
Tracked: 2009-06-27 14:51

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。