2006年01月27日

モーツァルトの日記。

250年前の1月27日、オーストリアのウィーンで、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)が誕生しました。
モーツァルトと言えば、ほとんどの方が知っている最も有名な作曲家の一人。

クラシック音楽をやっている一人として言わせて頂きますと・・・
モーツァルト程、シンプルで難しい作曲家は居ない!
基本中の基本でありながら、技術的にも芸術的にも表現するのが難しい!
いつも苦しめられています。
どんな楽器の演奏者でも、モーツァルトを演奏すれば、
大体どの程度の腕前だか分かってしまうという恐ろしい作曲家。
ただ、苦手意識はだいぶ無くなりました。

生誕250年の今年は、世界中の色んなところで
モーツァルトに関わるイベント等を開いています。

その流れで、モーツァルトの直筆音楽日記を公開しているサイトがあります。
ささぽんさんに教えていただきました。

Turning the Pages the British Library
ここの「MOZART'S MUSICAL DIARY」をクリックすると
モーツァルトの日記.JPG
こんな音楽日記が見られます。

字が読めない〜・・・と思っていたら・・・
ちゃんとテキストを英文で出してくれるし、テキストを読み上げてもくれるし、楽譜をズームしてくれるし、楽譜が書かれている部分の演奏も聴くことが出来ます!(←コレが一番嬉しいかも)

至れり尽くせり。
凄いサイト。

関連記事
モーツァルト全楽譜!
モーツァルトの全ての楽譜が観閲、印刷可能!
全集が家にいながら手に入ったも同然!

第九の直筆楽譜。
こちらはベートーヴェンの直筆楽譜全ページ。
交響曲第九番「第九」です。
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(14) | TrackBack(1) | サイト紹介| edit
この記事へのコメント
ハロハロ〜このみさん(◎´∀`)ノ
遅くなりましたが・・
あけましておめでとうございます。
今年も1年宜しくお願いします。

今日の新聞にモーツァルトの記事が載ってて
ちょうど、さっき読んでたところ。
私は余りご縁がなくてモーツァルトの曲を
聞く機会は無かったんだけど・・
たまには聞いてみようかな(* ̄m ̄)ぷっ。
Posted by ako at 2006年01月28日 18:12
本当にモーツァルトだらけになっていますね。
テレビでも特集があるし、今日CDショップでは特設コーナーが出来ていました。
詳しくはないけれど、確かに彼の曲を聴いていると、自分の中の何かがとてもやさしく整えられていく気がします。
何気なく、強すぎず…、だけど確かに。
演奏する人にはとっても大変というのは初めて知りました。
しばらくいろんな機会に聞くことが多くなりそうです。
Posted by linden-leaf at 2006年01月28日 19:44
>akoさん
こちらこそ、今年も宜しくお願いします♪
新年のご挨拶にもコメントしようと思ったけれど
凄く沢山の人からコメントあったので
なんとなく元気に復活までコメント待っていました(笑)
モーツァルト、いざ聴こうとすると、とっつき難いけど
実は勝手に結構聴いてたりするかも( ´艸`)
テレビやらBGMやらでね♪

>linden-leafさん
CDショップに特設コーナーですか。
まぁ、盛り上がるのも分かりますけど(笑)
この機会に少しでもクラシック音楽が身近に感じられるって人が
増えてくると良いなぁ・・・。
譜面はね、凄く簡単なんだけど
それをどう演奏するかって言うのが、とても難しいです。
linden-leafさんの感じている事、私も同感です!
胎教にも良いって言うくらいだからね♪
Posted by このみ。 at 2006年01月29日 01:14
はじめまして。

モーツァルトは難しいんですね。
と言っても聴く専門なので、よくわかりませんが、
シンプルなものほど難しいというのは、なんとなく
わかります。

料理でもシンプルなものほど、味を美味しくするのが
難しくなりますし、どんなことでも基礎となることを
良いと思わせるのは高度の技術がいりますしね。

ちょうど、モーツァルトのことを書いていたので、
トラックバックを貼らせてもらいます。
迷惑でしたら、おてすうですが消去してください。
Posted by cotune at 2006年01月30日 00:57
>cotuneさん
はじめまして。
コメント&TB有難う御座います♪
そう言われてみれば、料理もそうですね!
シンプルなもの程、料理人や素材の良し悪しが分かりますものね。
コメント読みながら何度も頷いてしまいました。
cotuneさんのところにもお邪魔しますね♪
Posted by このみ。 at 2006年01月30日 02:24
コメント・トラックバックありがとうございます。

同意をいただけて良かったです。
私も「シンプルで難しい」という内容をみて、
そうそうと思ったので読みいってしまいました。

また、コメントやトラックバックについての
考えにも頷いてしまいました。
Posted by cotune at 2006年01月30日 14:00
>cotuneさん
素敵なブログでした♪
そういえばコーヒーもシンプルですね。
豆や挽き方や淹れ方で味が全然違いますものね。
コメントとTBへの考え方、そう言っていただけて
とても嬉しいです。
これからも宜しくお願いします♪
Posted by このみ。 at 2006年01月31日 01:02
googleのロゴもモーツァルト生誕記念ロゴになってたねえ。
先生はナニワのモーツァルトの方がなじみが深いんだけど。
Posted by 熱ケツ先生 at 2006年01月31日 07:28
そうですね、コーヒーもシンプルですね。
生豆を焙煎(ロースト)して挽いて淹れる。
たった3行程だけですが、それぞれ方法が
違えば味も大きく違いますからね。
そのあたりは音楽にも通ずるところが
あるでしょうし。指揮者が違えば全く
違う表現がされるように。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Posted by cotune at 2006年01月31日 13:27
>先生
あちゃー。
googleのロゴ、見なかったのショックです( ´;ω;`)
見たかったなぁ。
ナニワのモーツァルト?
分からないのでググってみたら、キダ・タローさん?
写真見たら、あわわ・・・この人でしたか(笑)

>cotuneさん
毎朝のコーヒーは欠かせません♪
挽いてあるものを買ってきちゃいますが、
その都度挽ける様に、時間にも心にも余裕のある朝・・・憧れます(汗
しょうがないので、午後のお茶の時間に喫茶店で楽しんでいます。
音楽も指揮者が違うと、極端なものは曲が違うかのように
ガラリと変わることもあります。
シンプルなものって何でも、
難しいけれど工夫のし甲斐があって良いですね♪
Posted by このみ。 at 2006年02月01日 01:27
最近では豆を挽くところからやってくれる
コーヒーメーカーもあるようですよ。
確か、ナショナルから出ていたと思います。
価格は高いですが、飲む直前に挽いた方が
香りも味もいいですからね。

ただ、このコーヒーメーカーでいれたコーヒー
を飲んだことがないので、味はわかりませんが。

本当に工夫ができるということは素晴らしいですよね。
Posted by cotune at 2006年02月01日 20:42
>cotuneさん
それ、良いですね!
毎朝のコーヒーが豆から挽き立てだなんて♪
でも高いのですか・・・。
うーむ。
ミルでゆっくり挽くのも好きなので
ミルかな・・・。
毎朝はムリですけど(汗
Posted by このみ。 at 2006年02月02日 01:32
高いです。確か\18,000-くらいでした。
でも、自分で入れてないのでしたら、
ミルを買ったり自分で入れるのが嫌だと
いうのであれば安いかと思います。

ミルも長く使いたいというのであれば、
ちょっと高くてもいいのを買ったほうが
後々安くあがりますし、きれいに挽ければ
味も均一にでやすくなりますからね。

あと、かわった入れ方で、インスタント
変わりにしてお湯で割るだけという入れ方も
あるので、興味あればメールで連絡もらえれば
入れ方教えますよ。
Posted by cotune at 2006年02月02日 12:17
>cotuneさん
いずれは(今すぐじゃないって事ですけど)
エスプレッソも出来てミルクフォーマーも付いてる
本格的なマシーンが欲しいと思っていたのですが、
それぞれで揃えた方が色々試せそうですね。
インスタント代わりの淹れ方?
とっても気になります(笑)
ちょっと時間が出来たらメールアドレス公開しようかとも思っているので
その時に教えていただけますか?
楽しみー♪
Posted by このみ。 at 2006年02月03日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

昨日、モーツァルト生誕250周年
Excerpt: オーストリアの有名作曲家のモーツァルトが 生誕250周年というニュースを聞きました。 そういえば店にもモーツァルトのレコードが 1枚あったことを思い出し、久しぶりに針を 落とすことにしまし..
Weblog: コタン日記
Tracked: 2006-01-30 00:58

▲TOPへ