2006年02月22日

「やさしい訴え」小川洋子

小川洋子の本は、静かですね。
静かな流れ、静かな感情。
その中に色々なものがうずまきます。

夫と上手くいっていないカリグラファーと、ピアニストになるのを挫折したチェンバロ製作者と、その助手の3人で話が進みます。
簡単に言ってしまえば、この3人の三角関係の話ですが、
そんな表現では言い表せない話です。

心がきれい過ぎる人というのは、素敵です。
でもきれい過ぎるからこそ、周りを傷つけることも。
当然、責める事は出来ないけれど・・・。

今の私に、ピッタリの本でした。
書かれている言葉が、私の身体にしみこんでいく感じ。
人間の心のキレイな部分と、そうではない部分に非常に興味を持ちました。

上手く言葉に表現できないのがまどろっこしいけれど、
この本、良かったです。

やさしい訴えやさしい訴え
小川 洋子

文藝春秋 2004-10
売り上げランキング : 56,068
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 16:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ