2006年05月03日

「愛という字」向田邦子

東芝日曜劇場で放送された向田邦子の脚本を小説仕立てにした短編集。

脚本から小説に仕立てたからなのか分かりませんが、情景が浮かびやすく、読みやすい。
そして、どれもがほんわか良い話で、面白かった。

誰もがふとついてしまっていた嘘や、自分だけの心に仕舞っている事なども
こういう展開になれば幸せ。
そして、こういう話が書ける向田邦子って、やっぱり素敵。

収録されている作品
びっくり箱
母上様・赤澤良雄
愛という字

愛という字愛という字
向田 邦子

文藝春秋 1996-09
売り上げランキング : 116,212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:38 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『愛という字』 向田邦子
Excerpt: 「向田邦子」の『愛という字』を読みました。 [愛という字] 東芝日曜劇場向けの放送台本を「中野玲子」が小説化した作品です。 先日読了した『蛇蝎(だかつ)のごとく』に続き、「向田邦子」作品ですね。 ..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2011-02-02 23:34

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。