2006年06月17日

「体は全部知っている」吉本ばなな

凄く久しぶりに吉本ばななを読みました。
前に読んでいた時と印象が随分違う気がしたけれど、たぶん私の方が変わってきているからだろうな。

13話の短編全て、読み終った時に胸がじわわんとします。
ほんわかしたり、少し悲しかったり、色々だけど。
どうって事の無いような話なのに、なんでこんなに胸に残るのか不思議な感じ。
「花と嵐と」が良かったです。

収録されている作品
みどりのゆび / ボート / 西日 / 黒いあげは / 田所さん / 小さな魚 / ミイラ / 明るい夕方 / 本心 / 花と嵐と / おやじの味 / サウンド・オブ・サイレンス / いいかげん

体は全部知っている体は全部知っている
吉本 ばなな

文藝春秋 2002-12
売り上げランキング : 7049
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:59 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
この前ね。
本屋さんに行ったとき。
この本、買おうかどうか迷ったんだ。
気が合う〜偶然〜(人´∀`)

って、買わなかったけど(笑
買ってくれば良かったな。
今すぐ読んでみたい気分ww
Posted by ako at 2006年06月18日 09:10
はうあ!私としたことがこれまだ読んでません…!
読まなくてはなりませんね、うんうん。

吉本ばななさんって最近はエッセイをたくさん出してるイメージがあるんですが、
やっぱり小説のほうが好きですねー。
「花と嵐と」を気にしつつ、時間ができたときに読みたいと思います^^
Posted by にょろ at 2006年06月18日 12:56
>akoさん
えー^^
偶然だー♪
一つのお話が短いから、電車で読みやすかったです。
akoさんもじわわんとしたら教えてくださいね( ´艸`)

>にょろさん
はうあ!って(笑)
にょろさんもばなな作品好きなのかな?
私も小説の方が好き。
でも久しぶりすぎて、色々新鮮だったわ♪
Posted by このみ。 at 2006年06月19日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ