2006年07月01日

「キッドナップ・ツアー」角田光代

小学5年生の夏休み初日、ハルはお父さんにユウカイされる。
別れた妻への要求を突きつつ、ユウカイ犯と人質は冒険とも言える逃亡生活に入る。

結構情け無いお父さんなのだが、頑張ってハルに色んな事を教えようとしているのが、ちょっと可愛い。

「子供は親を選べない」というハルに
「ろくでもない大人になっても誰のせいでもなく、自分のせい」だと言う父親。

解説で重松清が、口に出した言葉と口に出せない言葉を書いている。
大体、実生活においては口に出さない言葉は、他人には伝わる事は少ないのだけれども
この本では(というか、全般的に本だったら)口に出さなくても文章になっているので、読み手には伝わる。
当たり前といえば当たり前だけれども、だからこそ誤解が生まれたり、相手の思うことを想像したりするのね。


キッドナップ・ツアー
キッドナップ・ツアー
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2003/06
  • 売上ランキング: 31593
  • おすすめ度 4

本★6/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:10 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
このみ。さん、こんにちは。
私も読みました〜。
年頃の娘とお父さん、微妙な距離感ですよね。
でも、あのお話のような極限状態では奇跡が起きてもおかしくない、って思いました。

最近、角田さんの『対岸の彼女』を読み終わりました。
また感想を近いうちにアップする予定です。
Posted by 由松 at 2006年07月03日 16:30
>由松さん
TB有難うございます♪
微妙な距離感が面白かったですね。
ハルは勿論可愛いけど、お父さんも憎めなくて(笑)
「対岸の彼女」読みたいなー。
由松さんの感想、楽しみにしています!
Posted by このみ。 at 2006年07月04日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『キッドナップ・ツアー』 角田光代
Excerpt: 夏休み、子どもに読ませたら面白そう、と思って買い求め読んでみました。 予想どおりなかなかの作品。子どもにも「面白かった!絶対読んで!」と言っておきました。 小学5年生のわたしを離婚だか別居だかして..
Weblog: 練習オタクの日々
Tracked: 2006-07-03 16:31

キッドナップ・ツアー
Excerpt: キッドナップ・ツアー 角田 光代 新潮社 2003-06 売り上げランキング : 943 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ..
Weblog: Book Review’S ??本は成長の糧??
Tracked: 2006-07-17 01:21

▲TOPへ