2006年07月17日

「ビタミンF」重松清

直木賞受賞作。
ビタミンの中には「ビタミンF」なんて無いのだそう。
七つの短編集。
Family、Father、Friend、Fight、Fragile、Fortune
「F」で始まるさまざまな言葉を、個々の作品のキーワードとして埋め込んである。
この本は疲れた大人の心に効くビタミン剤なのだ。

重松作品は大人の為の道徳の教科書の様な気がします。
子供の道徳とは違い、どれが正しい、どれが正義、とかではなくて
間違っていても、曲がっていても、それぞれの生き方があるんだと教えてくれる。

「かさぶたまぶた」が一番心に残る。
曲がった事は許せない父「政彦」は、いつも心につっかえ棒を立てている。
そんな父を見て育つ二人の子供に、大切な事を教えてもらうのだ。
おとなは「キレる」わけにはいかない。おとなは「折れる」だ。

収録されている作品
ゲンコツ
はずれくじ
パンドラ
セッちゃん
なぎさホテルにて
かさぶたまぶた
母帰る
ビタミンF
ビタミンF
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 540
  • 発売日: 2003/06
  • 売上ランキング: 31299
  • おすすめ度 4.2

本★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:47 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
こんにちは
重松さんは、このビタミンFと流星ワゴンを続けて読んで泣きました(特に流星ワゴンが)
私はゲンコツが印象に残ってます
書かれている、かさぶたまぶたの 大人は..は良い言葉ですね 読み返してみたくなりました
Posted by きりり at 2006年07月18日 01:51
>きりりさん
はじめまして。
コメント有難うございます♪
重松作品は胸が締め付けられますね・・・。
この前「きよしこ」を読んで大泣きしました。
流星ワゴンも読み終わったところです。
いつも読み終わった後、しばらく呆然としてしまいます(汗
Posted by このみ。 at 2006年07月19日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ビタミンF」重松清
Excerpt: ビタミンFposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.13重松 清 / 重松 清著新潮社 (2003.7)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-07-26 00:42

▲TOPへ