2006年08月09日

「流星ワゴン」重松清

「本の雑誌」年間ベスト1。
読み終わってからSFファンタジーだったのかと気が付くくらい、自然にこの本の世界に入っていきました。
とても面白かったです。

仕事もどん底、家庭もどん底。
死んじゃってもいいかな、もう・・・。
そんな時、一台のワゴンが目の前に止まる。

あと僅かな命の父とは上手く行っていないし
息子は受験に失敗して家庭内暴力を振るうし
妻は家に帰ってこない。

人生の分かれ道は、自分が気が付かないところで出来ている。
あそこでこうしていれば良かったんだと、後々気がついてもしょうがない。
もし過去に戻って、それをやり直すことが出来たら・・・。
現在を変えることは出来なくても、気持ちでどれだけ変われるのか。

流星ワゴン
流星ワゴン
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 730
  • 発売日: 2005/02
  • 売上ランキング: 2434
  • おすすめ度 4.42

本★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 15:16 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
去年の冬ごろ読んだのですが
少し良い終わり方ではありませんが
ふとこう心温まるような場面がいくつかあり、素敵な小説でしたね。

最近重松さんの小説が文庫化され、読みたいのですが
夏はどうも小説を読む気分になれません…。
Posted by よしの at 2006年08月10日 23:50
>よしのさん
心が温まりましたねー。
終わり方は、まぁ、現実はどうしようもないって事なんでしょうね。
重松さんは最近読み始めたのですけど
すぐにファンになっちゃいました!
まだ読んでいないのも沢山あるから楽しみ♪
夏は読書の気分じゃないですか?
秋になったらガッツリ読んじゃって下さい(笑)
Posted by このみ。 at 2006年08月11日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ