2007年01月06日

「PAY DAY!!!」山田詠美

高校生の双子の兄妹ハーモニーとロビンの話。
離婚した両親と共に別れて住む事になった双子は、「9.11」がきっかけで再び一緒に住む事になる。
「9.11」は双子だけじゃなくて、家族を以前よりも結び付けた。

同時多発テロ事件の被害者、恋の悩み、進学の悩み、家族の悩み、重いテーマの中でも少し幸せな事がある。
ペイ・デイ。
だって今日はお給料日なんだから!!!

「9.11」のニュースを見た日は忘れられない。
テレビの前で動けなくなった。
自分がどの場所でどんな格好で、あのニュースを見たのかまでも覚えている。
でも、海の向こう側で起きたこと。
どんなに胸を痛めても、昔ワールド・トレードセンターに行った事があっても、ニュースを何度も見ても、実際に体験した人や被害者の家族の気持ちの全てを理解することは不可能なんだろう。
実際に体験した人と体験していない被害者の家族でも十分には分からないのに。
白人と黒人の事や、大人と子供の考え方の違いなど、盛り沢山。
それでも…ペイ・デイには少し幸せになれる!!!
PAY DAY!!!
PAY DAY!!!
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2005/07
  • 売上ランキング: 48499
  • おすすめ度 3.5

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:36 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
このみ。さん、こんにちは。
山田詠美さんの作品って、すごく痛みみたいなのを感じるんですよね。
その痛みを乗り越えた上での強さみたいなものも感じられるし。
たぶん山田さん自身が痛みを分かった上で強くなった人なんだと思うんですけど。
TBさせて下さい!
Posted by 由松 at 2007年01月06日 11:16
>由松さん
こんにちは。
痛み、感じますね。
私も読みながら、同じようなことを考えていました。
山田さん自身が痛みを分かった上で書いているんだなって。
経験しているからこその表現、随所に感じられました。
TBありがとうございます♪
Posted by このみ。 at 2007年01月08日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『PAY DAY!!!』 山田詠美
Excerpt: OL時代の友人が「学生時代に宮本輝を読んでた女子は結婚したら葉山あたりのヨットハーバーでまったりカクテルかなんか飲んでる奥様になって、山田詠美を読んでた女子はいつまでたってもあくせく働く人生をおくるん..
Weblog: 練習オタクの日々
Tracked: 2007-01-06 11:13

山田詠美『PAY DAY!!!』
Excerpt: PAY DAY!!! 山田詠美は作家として追いかけている内の一人ですが、この作品も期待に違わず楽しませてもらいました。この作家の人間に対する視点、それぞれの文化的背景、性別等の区別はするがシンプルに個..
Weblog: 日々のことわり
Tracked: 2007-01-25 10:02

▲TOPへ