2007年01月31日

「ねこのばば」畠中恵

しゃばけシリーズ第三弾。
もうすっかり若だんなの虜です。

今回もいつものメンバーに様々な事件が起きて、若だんなが痛快に推理していく。
ただ、いつも良い子過ぎる若だんなが、今回はグレるのだ!

この時代には「今の時代の色々な余計なもの」が無いので、それだけ素直に気持ちを感じられます。
ハラハラしたり、ほのぼのしたり、気がつくとこの世界にどっぷり入り込んでしまう。
登場人物は相変わらずだし、妖怪達も可愛い。
次はどんなことになるのやら。

目次
茶巾たまご
花かんざし
ねこのばば
産土
たまやたまや

ねこのばば
ねこのばば
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 2006/11
  • 売上ランキング: 575
  • おすすめ度 4.0

★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:40 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
初めまして♪マメリと申します。

私もしゃばけシリーズ大好きです♪
若だんなも鳴家も可愛いし、兄やのかほごっぷりも楽しいし!
妖怪がでてくる本って、薄暗くってちょっとひんやりした空気が漂ってる本が多いけど(そういうのも大好きですけど・笑)、心が暖かくなる、楽しい妖怪物もいいなぁってこの本読んでつくづく思いました♪

絵本の『みぃつけた』はもう読まれました?
この絵本もすっごく可愛くて癒されますよ♪
Posted by マメリ at 2007年01月31日 03:21
こんにちは♪
このシリーズは、キャラクター、世界観、もうすべてが魅力ですね。
妖たちをおもしろおかしく描く斬新さもさることながら、
人間を人間臭く描くところがまたスゴイなといつも思います。
だからこそ飽きのこない作品となっているのでしょうね。
続きもおもしろいですよ♪
Posted by Rutile at 2007年01月31日 23:27
>マメリさん
はじめまして♪
読むと虜になっちゃいますよね。
妖怪の本でこんなに癒されるのも不思議な感じ(笑)
「みぃつけた」はまだ未読です。
表紙を本屋で見かけて凄く気になっているところです。
あー読みたい( ̄m ̄*)

>Rutileさん
やっと「ねこのばば」まできました(笑)
早く続きを読みたいところですが…早く文庫にならないかなぁ(゜▽゜;)
>妖をおもしろおかしく、人間を人間臭く〜
まさにそのとおりですね!
キャラクターの性格など、好感がこんなに持てるのですから。
特にこの「ねこのばば」はそれが目立った気がします。
Posted by このみ。 at 2007年02月01日 01:53
こんにちは!
「ねこのばば」面白いですよね!
今回はちょっと違った趣向の作品も入っていて、スルスルッと読んじゃったのを思い出します。
「ねこのばば」の落ちにも苦笑したし、「産土」の結末にはビックリしました。
次の作品、文庫本化されるのが待ち遠しいです。
Posted by take at 2007年02月03日 10:24
>takeさん
面白かったですねー。
若だんながグレた時はハラハラしちゃいました。
早く次も文庫化されて欲しいなぁ。
もう少しゆっくり読めばよかったかな(-∀-;)
Posted by このみ。 at 2007年02月05日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ねこのばば』畠中恵
Excerpt: シェアブログ1152に投稿 ねこのばば新潮社発売日:2006-11amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 後ろ2作『おまけのこ』『うそうそ』が控えているので、 急ぎのお昼ご飯の..
Weblog: 道草読書のススメ
Tracked: 2007-01-31 23:28

▲TOPへ