2007年02月09日

「家守綺譚」梨木香歩

2005年本屋大賞ノミネート作品。

「それはついこのあいだ、ほんの百年すこしまえの物語」
明治三十年代後半頃だというお話。
主人公は親友の実家を守ることになった。
家の庭は四季折々の自然を楽しむことが出来る。

これはじっくり読み味わう本。
すらすらと読んでしまうのは勿体無いです。
日本の美しさを思い出させてくれて、その季節に思いを馳せると、なんとも心が落ち着く。
「家守」をしながら、物書きをしている主人公の綿貫、親友の高堂、隣のおかみさん、和尚、後輩の山内、犬のゴローなど、登場人物も良い。
異空間の不思議な出来事なども、自然と受け入れる。
子鬼が出て来た時は、少し前に読んだ「しゃばけ」シリーズ(畠中恵)を思い出しましたが、全然違う切り口。
これで380円はお得感いっぱい。
何度も読み返して味わいたい本。

家守綺譚
家守綺譚
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 380
  • 発売日: 2006/09
  • 売上ランキング: 1957
  • おすすめ度 4.5

★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:53 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(3) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
これ、実はとっても好きな本です。
でも、なんだかもったいないような気がして、それから、薦めてもあんまり好きじゃない、っていう人もいそうな気がして、ちょっと大きな声では面白いですよ〜!と言うのは躊躇していました。
不思議な雰囲気の素敵な本ですよね。
Posted by 由松 at 2007年02月09日 21:32
こんばんわ☆

私もこの本大好きです!TBさせていただきました〜♪
梨木香歩さんの作品はどれも、作品の中に流れる空気が澄んでて綺麗で…とにかく雰囲気が素敵ですよね♪
『村田エフェンディ滞土録』って作品は家守綺譚と登場人物がリンクしてるそうですvそれを聞いて私は本屋さんに買いに走りました(笑)
・・・まだ積読状態ですけど…。
Posted by マメリ at 2007年02月09日 23:09
物書きをするらしいの
Posted by BlogPetのるーく at 2007年02月10日 10:29
>由松さん
あ、わかります。
もったいないような気もするし、みんながみんな好きではないかもしれないと思う気持ち。
じわじわじっくり、1ページを大事にしながら読んじゃいました。
素敵な本ですよね♪
TB有難うございます!

>マメリさん
TBありがとうございます♪
梨木さんの本はゆっくり流れる時間が好きです。
まだ読めていない本が沢山あるので、これから楽しみ。
『村田エフェンディ滞土録』、リンクしてるのですか!
それは気になるっ!
まずは手に入れなければ…(笑)
Posted by このみ。 at 2007年02月10日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

梨木香歩【家守綺譚】
Excerpt: 江戸時代と明治時代の境目で、人々はどうやって気持ちを切り替えたんだろう? 私がその時代に生きてたら、「皆さん、今日から明治時代です! 洋服を着ましょう!」と言われても、意地になって着物を着つづけ..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2007-02-09 11:31

『家守綺譚』 梨木香歩
Excerpt: あぁ・・こういうお話、私、とっても好きなんです。 大体まずタイトルが『家守綺譚』ですよ。 なんてまぁ、古臭い・・・。そそります。 綺譚・・・ありえない不思議な話。そういうの大好きなんです。 そして..
Weblog: 練習オタクの日々
Tracked: 2007-02-09 21:34

『家守綺譚』 梨木 香歩
Excerpt: 家守綺譚 梨木 香歩 久しぶりに梨木香歩さんの本。 ほんの百年すこし前の物語。 物書きの綿貫征四郎は、学生時代に亡くなった親友の高堂の実家に、家守として越してきた。 高堂はボ..
Weblog: お菓子を片手に、日向で読書♪
Tracked: 2007-02-09 23:02

▲TOPへ