2007年02月11日

「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子

1997年、本の雑誌が選ぶ年間ベストテン第一位。
映画化もされて今年5月公開予定。
主人公の今昔亭三つ葉には、TOKIOの国分太一が演じる。

三度のメシより落語が好きで、噺家になった前座よりちょい上の二ツ目、今昔亭三つ葉こと外山達也。
テニスコーチで対人恐怖症の従弟の綾丸良、美女であがり症の十河五月、小学校でいじめにあう村林優、解説の仕事が下手な元野球選手の湯河原太一。
4人は話すのが苦手で、それを克服する為に三つ葉に落語を習いに通う。
とりあえず「まんじゅうこわい」を教えていく。

面白かったです!
落語は興味はあるもののまだ面白さが分かっていませんでしたが、コレを読んでからは見方が変わりました。
一度聞きに行ったら、はまりそうだな。
三つ葉の性格が、古風で好ましい。
おせっかいで一生懸命で、落語の厳しい世界の中で頑張っている姿が印象的。

自信とは、一体何なんだろうな。(中略)
自分で自分を「良し」と納得することかもしれない。

映画『しゃべれどもしゃべれども』公式サイト

しゃべれどもしゃべれども
しゃべれどもしゃべれども
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2000/05
  • 売上ランキング: 10447
  • おすすめ度 4.5

★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:19 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
こんばんわ、お邪魔しております^^*
TBさせて頂きました、よろしくお願いします。
お読みになられたのですね!
私も「笑点」をつい見てしまう時期もありましたが、
これといって興味はありませんでした。
でもこの本を読んだら何だか生で鑑賞してみたいかも!と思いました。
三つ葉の性格がとても良かったですね。
Posted by るい at 2007年02月13日 19:34
>るいさん
こんばんは。
TB有難うございます♪
私も「笑点」どまり、しかも落語の部分はあまり見ないで、
「大喜利」だけをたまーに見る程度でした。
生で見るとしたら…まずは「まんじゅうこわい」からですね(笑)
Posted by このみ。 at 2007年02月14日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子
Excerpt: しゃべれどもしゃべれども 著者:佐藤 多佳子販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する
Weblog: 31ct.読書部屋
Tracked: 2007-02-13 19:29

▲TOPへ