2007年03月20日

「パイロットフィッシュ」大崎善生

吉川英治文学新人賞受賞。

冒頭部分で私の心は一気に盛り上がってしまいました。
人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない。

昔の恋人から19年ぶりに電話がかかってくる。
アダルト雑誌の編集者をしている山崎は、かつての恋人である由希子からの電話を受ける。
バーのマスター渡辺、編集長の沢井、同僚の五十嵐、風俗嬢の可奈。
記憶の湖の底から浮かび上がる、過去の記憶。

どんな人とでも一度出会った人や出来事があるからこそ、今の自分があるんだ。
記憶は奥底にしまわれているけれど、いつでもあるものなんだ。
「あの時にこうだったから」「あの時あの人に出会ってなければ」「あんな事を言ってしまった」そんなことは今更どうしようもないことだけれども、過ぎてしまった今でも考えてしまうことは私も良くあります。
どんなに嬉しいことでも悲しいことでも、それを受け止め、受け入れ、全部含めて今の自分があるんだと。
とてもせつない話でした。
犬の描写がとても可愛らしいのが、読んでいて救われます。
村上春樹の描写に良く似ているとの評判が多いけれど、特に意識はしませんでした。
でもこんなにすんなり私の中に入ってきたのは、その影響もあるのかな。

パイロットフィッシュ
パイロットフィッシュ
  • 発売元: 角川書店
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 2004/03/25
  • 売上ランキング: 106979
  • おすすめ度 4.0

★9/10


▲TOPへ
posted by このみ。 at 22:11 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
こんにちわ、TBさせて頂きました。
大崎さんの過去に引きずられる感じとか、
抗う事の出来ない輪廻、みたいな物にとても惹かれます。
「あの時にこうだったから」そう言う固定観念って、
心のどこかにあるものですよね。またこうなるだろう、みたいな。
「パイロットフィッシュ」で良いと感じたら、
同じく大崎さんの「アジアンタムブルー」もお薦めです^^*
Posted by るい at 2007年03月23日 11:51
角川書店で、底とか編集♪
でもきょう角川書店の、意識された。
Posted by BlogPetのるーく at 2007年03月24日 10:49
本は未読ですが、“切なさ”という感情について書かれていましたのでついコメントしてしまいます。

私にとって切なさとは、“もしかしたらあり得たかもしれない未来について思い、かみ締めること”という定義になります。

もう取り返しのつかないこと、今更どうしようもないのに得てしまった出会い、そういったものが積み重なる中で、この感情を見つめることになりました。
きっと歳なのだと思います。
Posted by kaoru1107 at 2007年03月24日 23:06
>るいさん
コメントレス遅くなっちゃってごめんなさい。
TB有難うございます♪
るいさんの言う固定観念、心のどこかに隠れてますね。
私の場合、時々顔を出すのですが、この本を読んでまた出てきました(笑)
大崎さんの文章、良いですね。
この本が初めてだったので他のも読んでみたいと思っていたところです。
「アジアンタムブルー」、読みたい本リストに加えました!

>kaoru1107さん
切なさの定義をずばり書いていただきました(笑)
どうしても考えてしまうときがありますね。
この本は過去の出来事を振り返るだけではなくて、それも含めた今の自分が書かれているのが良かったです。
確かに年を重ねるごとに「切なさ」を感じる回数が増えている気もします。
あぁ、私も歳ですね(汗
Posted by このみ。 at 2007年03月25日 23:40
どうもお久しぶりです。
僕も冒頭で盛り上がってしまい、購入しました。
つい先ほど読み終えたのですが、なんだか切ない気持ちになってしまいました。
失われてしまった人、知らない所で繋がっていた人、…。喪失感というか、なんか違うというか(汗)

物語もそうですが、文体が素敵でした。
無国籍さが村上春樹みたいでしたが、読みやすかったのはそのお陰かもしれません。

上手くいえませんが、このみ。さんのお陰でこの本を知りました。繋がっているって素敵だな、と思いました。(変な話ですね)

次は「アジアンタムブルー」を読んでみます!
Posted by よしの at 2007年04月11日 17:35
>よしのさん
お久しぶりです!
あ、やっぱり盛り上がりました?(笑)
切なくなりますよね、この本。
出会う、出会えるということはこういう事なのかとしみじみ思ってしまいました。
よしのさんも村上春樹っぽいと思われた部分がありましたか。
村上春樹の特徴が幅広いから、似ているとか気がつかないうちに影響されているとか、ひとつの原因だけではない気もしますけれど。
「アジアンブルータム」いきますか。
私も読みたい!と思いつつ、まだ積読本が山のように…。
よしのさんのほうが先っぽいですね(笑)
読み終わったら感想教えてくださいね。
Posted by このみ。 at 2007年04月11日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「パイロットフィッシュ」 大崎善生
Excerpt: パイロットフィッシュ 著者:大崎 善生販売元:角川書店Amazon.co.jpで詳細を確認する 大崎さんの本て、やっぱり透明感があるよなぁ、と改めて思った。金魚や熱帯魚が似合う感じ、素敵です。話の中..
Weblog: 31ct.読書部屋
Tracked: 2007-03-23 11:45

出演情報 スタソンマニア Vol.1『パイロットフィッシュ』
Excerpt: 今回初参加となります。スタンダードソングエンタテイメントとして既に 活躍しているユニットの新企画第1弾に参加が決まりました! 「パイロットフィッシュ」 記憶の底から浮かび上がる彼..
Weblog: しゅーわの気まぐれ日記
Tracked: 2007-04-16 15:30

▲TOPへ