2007年04月27日

「鴨川ホルモー」万城目学

第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞。

京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。
↑データベースにはこう書いてある。
まぁ、何も間違っていない(笑)

大学生になった安倍は京大青竜会というサークルに入る。
協定、合戦、片思い。
そしてホルモー。

帰国子女の高村、鼻のステキな早良京子、サークル会長のスガ氏など、登場人物のキャラクターも好感が持てる。
式神や鬼などという一般的イメージからはかけ離れた、気軽に楽しめる本でした。
たとえ2冊になっても、もっとホルモー部分を詳しくあったら良かったな。
他大学の様子とか、訓練の様子とか、鬼語とか。
「ホルモー」の意味・内容を書いてしまうとネタバレになってしまうので、読んでからのお楽しみという事で。
レーズンをお供に。
ホルモォォォー!

鴨川ホルモー
鴨川ホルモー
  • 発売元: 産業編集センター
  • 価格: ¥ 1,260
  • 発売日: 2006/04
  • 売上ランキング: 3635
  • おすすめ度 4.0

★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:25 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
京大の、価格みたいな合戦したいなぁ。
そしてきのう、訓練しなかった?
Posted by BlogPetのるーく at 2007年04月29日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ