2007年05月02日

「夜の果てまで」盛田隆二

単行本「湾岸ラプソディ」を改題、文庫化。

大学生の俊介は付き合っていた女の子に別れを告げられ、ふと入ったラーメン屋で、バイトをしているコンビニでいつもM&Mチョコレートひとつだけを万引きしていく女性「裕里子」に出会う。

期待をしすぎていた為か、少し物足りない感じがしてしまいました。
俊介の祐里子への気持ちもイマイチ煮え切らないように感じるし、決断力も無く頼りがいが無い。
大学生の頃はそんなものかもしれないけれど、自分の人生に対しての考え方も甘い。
順風満帆なはずの人生を捨てるだけの覚悟と、それに値する愛情がつり合っていないので、共感も出来ませんでした。
ただ、祐里子の息子「正太」のキャラクターだけはしっかり書かれていて好感を持ちました。

夜の果てまで
夜の果てまで
  • 発売元: 角川書店
  • 価格: ¥ 780
  • 発売日: 2004/02
  • 売上ランキング: 59290
  • おすすめ度 4.0

★6/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ