2007年05月17日

「GO」金城一紀

第123回直木賞受賞。
窪塚洋介、柴咲コウ、大竹しのぶ、山崎努等の出演で映画化もされています。

日本で生まれ育った僕(杉原)は「在日」と呼ばれる。
オヤジはハワイに行きたいと言い出し、国籍を「朝鮮籍」から「韓国籍」に変える。
恋をしたけれど、相手の女の子は「日本人」だった。

文中で杉原は「これは僕の恋愛に関する物語だ」と言っているけれども、恋愛小説ではない、というか恋愛小説だけではない。
日本で生まれて日本で育っているのに、どうしてもつきまとう「在日」という差別。
冒頭部分で胸が締め付けられました。
「在日」なだけで日常生活で数え切れない程の嫌な思いをし、国からも日本人とは明らかに違う扱いを受ける。
たった一つのことなのに、こんなにも縛られる国籍とは一体なんでしょう。
強く生きなければ潰されてしまうと、無意識でも意識的でもガードを硬くしていく姿が、そうさせてしまっている日本人として辛いです。
とにかく色々考えさせられました。読んで良かった。
映画も観なければ。
俺は何者だ? (中略) 俺は俺なんだ。

GO
GO
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2003/03
  • 売上ランキング: 58410
  • おすすめ度 4.5

★10/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:50 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42106642

この記事へのトラックバック

金城一紀「レヴォリューションNo.3」
Excerpt: 金城一紀著 「レヴォリューションNo.3」を読む。 このフレーズにシビれた。  もしも、神様が本当にいるなら、こいつを助けてやってくれ。それが無理ならせめてこの雨を止ませてくれ。俺の体はちっぽけで、こ..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-10-24 15:26

金城一紀「GO」
Excerpt: 金城一紀著 「GO」を読む。 このフレーズにシビれた。  でもな、もしキム・ベイシンガーが俺に向かって、ねえお願い、国籍を変えて、なんて頼んだら、俺はいますぐにでも変更の申請に行くよ。俺にとって、国籍..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-11-23 09:15

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。