2007年06月25日

「薬指の標本」小川洋子

映画化もされています。
映画『薬指の標本』 公式サイト
小川洋子の作品は海外に翻訳も沢山されていますが、なんとこの映画はフランス映画。

人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働く私は、標本技術士に靴をプレゼントされる。
毎日履くように言われるが、あまりにもピッタリとなじみ、脱げなくなってしまう。

小川洋子の小説には、読んでいるうちに愛おしく思える小物が沢山出てきます。
そして、そのどれもが話の中で愛情たっぷりと使い込まれます。
楽譜やきのこや文鳥の骨など、標本室には様々なものが持ち込まれます。
忘れたくないものや、忘れたいけれど忘れられないものを、封じ込めるための標本室。
主人公の私は前の職場で薬指を少し切ってしまうのだが、その描写が痛々しくもあるがスローモーションで観ているように綺麗。
映画化でのこの部分が、気になります。

実際には無いだろうけれど、こんな世界があったら…、というもう一つの物語「六角形の小部屋」も収録。
誰も居ない部屋に入り、自分の話したいことを話すというもの。
こちらも特殊だし奇異で、普通の世界ではありえないけれど、読んでいてなんだか納得してしまう世界。
こんな部屋があったら私は何を話すのだろう。

薬指の標本 (新潮文庫)
薬指の標本 (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 380
  • 発売日: 1997/12
  • 売上ランキング: 97511
  • おすすめ度 4.5

★8/10


▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:50 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(4) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
今、家にDVDあるんですよ。

原作読んですごくよかったし、早く観たくて。
でも、フランス映画って何となくあってる気がします。

観る前にもう一度読み直そうかな。
Posted by saku at 2007年06月28日 23:24
>sakuさん
えー!いいなーいいなー(笑)
フランス映画っていうのが凄く気になっているんだけど
ウチの近くのレンタルビデオ屋には置いて無くって。
観てみたいなぁ…。
Posted by このみ。 at 2007年07月01日 22:03
このみ。さんはじめまして!
TBさせていただきました。

小川洋子さんの作品は2冊目だったのですが、
確かに小物の描写が上手だなあと思いました。

生々しくない無機質な文章が美しく、
とてもエロティシズムを感じさせられます。

>こんな部屋があったら私は何を話すのだろう。

う〜ん、
僕は何を話すのだろうか?
考えてしまいました。

それではまた、
ごきげんよう。
Posted by T.Sato at 2007年07月24日 09:33
>T.Satoさん
はじめまして。
コメント、TB有難うございます!
小川洋子さんの文章には独特の世界観がありますね。
結構どぎつい事もキレイに思えてしまうほどの透明感には、いつも引き寄せられます。
部屋では何を話しましょうか。
入ってみたいような、入るのが怖いような・・・。
Posted by このみ。 at 2007年07月25日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小川洋子【薬指の標本】
Excerpt: 化粧品のテレビコマーシャルに人気モデルの山田優が黒いビキニ姿で登場した。肌が白くて目にまぶしい。黒いサンダルをはいている。サンダルの細いストラップがヘビのように白い足首に巻きついている。 ..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2007-06-28 15:52

薬指の標本 小川洋子
Excerpt: 薬指の標本 ■やぎっちょ書評 まだまだ小川洋子さん歴が浅いのですが、ちょっとこんなブラックに寄った感じのお話で少々戸惑い気味です。なんだか違う作家さんみたい。 「薬指の標本」と「六角形の小部屋」..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-07-18 00:05

小説 『薬指の標本』 小川洋子
Excerpt: わたしの中にいつからか存在するどうしようもない喪失感。 あなたの存在もそれを埋めることはできなのかもしれない。 でもそんなことなんてもうどうだっていいのです。 わたしはただあなたの手でわたしを…..
Weblog: iPod Junkie の 憂鬱
Tracked: 2007-07-24 09:10

薬指の標本
Excerpt: 薬指の標本 (新潮文庫) 小川 洋子 新潮社 1997-12 by G-Tools 「薬指の標本」  標本室の事務として働き始めた‘わたし’。ここに集まってくる..
Weblog: 〜Books Journey〜
Tracked: 2007-09-28 01:12

▲TOPへ