2005年07月02日

「かもめのジョナサン」リチャード・バック / 翻訳 五木寛之

主人公は、題名の通り、かもめのジョナサン。
ジョナサン・リヴィングストン。

普通のかもめは、生きるために餌を探し、群れを成す。
ジョナサンは、そんな事よりも飛ぶ事が好きだった。

群れの秩序を乱すジョナサンは群れを追放されてしまう。

一人で飛ぶ練習に没頭し、ジョナサンは違う世界へ。

この本は、その後のジョナサンの生き方を強く言いたいと、捉えました。

常に学ぶ事を恐れず、誰でも無限の可能性を持っているという意思を持つ事。

やさしさと愛について知る事。

難しいですね。
難しいけれど、自分がやりたい事に対して諦めずにまっすぐ進みたいって
誰もが理想とする形なのでしょうね。

この話、五木寛之が訳し、解説を書いています。
この解説が、ちょっと良い感じです。

五木寛之、訳しながらこの話に違和感を持っていたのです。

違和感を持ちながらも、この話に惹かれた部分は
人間社会における、とっても奥深いところに有るように思いました。
例えば、宗教とか人間の存在意識とか。

色々考えさせられました。

4102159010かもめのジョナサン
リチャード・バック 五木 寛之

新潮社 1977-05
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★6/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:03 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
今日は古典で来ましたね(・∀・)

短い話ながら、色々と深い内容の本でしたよね(かなり昔に読んだので余り覚えてないのですが…)
話の内容は、宮沢賢治のよだかの星とは違うんですかね?
もう、今酔っぱらいなので、思考中枢が破壊されて…(*´Д`*)
手塚治のマンガにもちょこっと登場するはず。ブラックジャックだったかな?
昭和40年代位にブームを巻き起こしたこのかもめのジョナサン。
本棚ひっくり返して読み返してみようかな?
(ホント酔っぱらいのコメントですみまそん)
Posted by take at 2005年07月02日 01:51
深い内容でしたねぇ。
かもめの写真がいっぱい載っていて、かる〜く読むつもりで買ったのですが。
昭和40年代にブームだったとは・・・。
そして、手塚治の漫画にも登場してたとは・・・。
知りませんでした(汗
Posted by このみ。 at 2005年07月02日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ