2005年07月20日

「村上ラヂオ」村上春樹 / 画・大橋歩

ウチの沿線で各駅停車に乗りながらコレを読むと、
ちょうど、一駅一エッセイでした。

短くて、読みやすい。
雑誌の「anan」で連載されていたものです。

ぁ、エッセイ集なんです。
50も入ってます。

村上春樹、大好きです。
長編小説も好きですが、こういうエッセイもかなりお勧めです。

日常の事や、村上春樹が好きな物事を
面白く、在る時は真面目に書いてあります。

例えば。
きんぴら作りに最適なBGMは?
ブラディ・メアリの味で飛行機を決める?
童謡「赤い靴」の歌詞の誤解
等々。

何度も読みましたが、ブログに書く為に今回読んで、
ふと思いました。

ブログの記事みたいだなって。
まぁ、エッセイってそんなのだろうけど、
「こんなことあったよ」とか、「これ気になっています」とか
まるで、村上春樹のブログを読んでいるような気分になったのは
私だけなのかな(笑)

「村上春樹?まだ読んだ事無いなぁ。とっかかりにくそうだもん。」
なんて、コレを読んだら言えなくなります(笑)

4101001529村上ラヂオ
村上 春樹 大橋 歩

新潮社 2003-06
売り上げランキング : 30,320
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:21 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(2) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
はじめまして、お邪魔します。

私も村上ラジオ読んだ時、ブログの参考になりそーって思いました。
こうやって書いたら面白いんやなぁって。

村上ラジオは春樹様の意外な一面というか。また一味違った(素に近い)ところを見れたような気がしてすごく面白く読めました。

やっぱり村上春樹はいいですねー。
Posted by saku at 2005年07月20日 00:36
こんばんは〜。
私も村上春樹好きでよく読むんですよー。
「村上ラジオ」も手元にあるんですけど、まだ読んでいないんです。。
今読んでいるものにてこずっちゃって(汗)
それに「ふしぎな図書館」もまだ読んでない。。。
よく読み返すのは「ねじまき鳥」と「羊をめぐる冒険」です。
あ、また読み返したくなってしまいました(笑)
Posted by ほたる at 2005年07月20日 00:49
ほぇ〜村上さんって有名なんだ・・・
まったく知らない・・。
これってまずい(-_-;)
Posted by りょっぺ at 2005年07月20日 08:25
こんばんは〜
昨日お邪魔した、余計なおばさんです。

私も村上春樹、大好きです。
特にこの2年、私のマイブームになっています。

「海辺のカフカ」
「世界の終わりと、、」
「ねじまき鳥、、」

私のベスト3です。
あら、聞かれてなかったわね。

エッセイ、読んだ事ないんですよ。
「村上ラヂオ」
読んでみたくなりました〜
Posted by Kyo at 2005年07月20日 18:12
>sakuさん
はじめまして!
いらっしゃいませ♪
ブログを書き始めてから、文章の難しさに苦戦している中、コレを読みました。
村上春樹、さすがだなぁって。
この本は、いつもと少し違った感じで村上春樹が近くなりますよね。

>ほたるさん
ほたるさんも村上ファンだったのですね♪
手元に有るなら是非読んでみて下さい!
短いから、他の本と同時進行しても邪魔にならないと思いますよ(^^
「ねじまき鳥」と「羊をめぐる冒険」も良いですよね♪

>りょっぺさん
まずいですよ(笑)
うそうそ。
これ、読みやすいから、村上入門としてお勧めします(笑)
一度読んでみたらはまるかも。。

>Kyoさん
余計なおばさんだなんて全然思いませんでしたよ(笑)
また来てくださって有難うございますm(_ _)m
Kyoさんのベスト3も良いですよね!
そのうちブログに書こうと思います。
長編も勿論良いですが、エッセイは笑えますよ!
是非、読んでみて下さい♪
Posted by このみ。 at 2005年07月21日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「村上ラヂオ」村上春樹/大橋歩
Excerpt: 村上ラヂオposted with 簡単リンクくん at 2005. 7. 6村上 春樹〔著〕/大橋 歩 〔画〕/新潮社 (2003.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2005-07-21 01:14

村上ラヂオ 村上 春樹 大橋 歩
Excerpt: 大分空港の売店でこの本か小沢征爾と大江健三郎の対談「同じ年に生まれて」のどちらを買おうか迷って結局「村上ラヂオ」にしたのだが、やはり一度読んだ本だった。 まあいいか。村上春樹の文庫をそろえるのも。 ..
Weblog: おすすめ小説
Tracked: 2008-09-25 21:48

▲TOPへ