2005年08月01日

「13階段」高野和明

第47回江戸川乱歩賞受賞でデビュー作。
2003年には映画化もされています。

解説にて、宮部みゆきが
「この賞の選考時にダントツだった」と書いています。

物凄い勢いで読んでしまいました。
寝不足です(汗
文章構成がしっかりしていて、ドンドン先に読み進みたくなります。
坂道を転がり落ちるみたいに。

題名の通り(?)死刑について色々書かれています。
この本を読むと、賛成派の人も反対派の人も考えさせられるはず。

日本の法律って、矛盾や抜け道がいっぱいなんですね。
「そんな事、許されるはず無い」と言う事が、在り得てしまう。

例えば
死刑が確定した死刑囚でも、罪が多い方が
死刑を執行されるまで時間がかかり、生きている時間が長くなる、とか。
死刑執行は内閣改造で法務大臣が交代する時に
前大臣が辞める直前に命令書を出す事が多い(就任中はイメージダウン)、とか。

内容は重いです。
でも、知らなかった事を沢山知る事が出来ました。
人が人を裁くという事、罪を償うという事。

久しぶりのミステリーで、面白かったです。

406274838X13階段
高野 和明

講談社 2004-08
売り上げランキング : 13,676
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★9/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:11 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(9) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
私も13階段にははまりました!
今でも読書中のドキドキと話の顛末は忘れられません。
反町君が主演の映画も見ました。
ちょっと本のイメージとは違うけど、それなりに楽しめたよ♪
Posted by ゆぅ at 2005年08月02日 13:24
>ゆぅさん
ゆぅさんも、はまりました?
これ程ドキドキさせてくれる本って、あんまり無いですよね!
もう一度読んでもドキドキ出来そうです(笑)
映画、観ていないんです。
機会があったら観てみたいな♪
Posted by このみ。 at 2005年08月02日 22:34
TB、ありがとうございます。

ほんとにおもしろかったですね〜、この作品。

ですが、若干、知恵浅はかな私には、
日本の法制度に関する考察が難しくて・・・。

これからも、よろしくお願いします。
Posted by かわぐち at 2007年06月01日 21:32
>かわぐちさん
こちらこそコメント、TB有難うございます。
私も法制度に関しては難しいです。
ですが、この本はそんな私でも充分楽しめました。
こちらこそ、これからも宜しくお願いします♪
Posted by このみ。 at 2007年06月02日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

(書評)13階段
Excerpt: 著者:高野和明 第47回江戸川乱歩賞受賞作。山崎努、反町隆史らの出演による映画も
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2005-08-01 16:20

2001年9月2日 高野和明「13階段」
Excerpt: 「量刑」に続いて読んだ乱歩賞受賞作
Weblog: 日記風雑読書きなぐり
Tracked: 2005-08-03 13:25

「13階段」高野和明
Excerpt: 13階段posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.24高野 和明講談社 (2004.8)通常2??3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 江戸川乱歩賞受..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2005-08-03 15:07

「13階段」
Excerpt: 高野和明の「13階段」を読みました。 犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴
Weblog: はぐれ雲
Tracked: 2005-08-14 13:35

読書感想「13階段」
Excerpt: 読書感想「13階段」 13階段 【評価】★★★
Weblog: 三匹の迷える羊たち
Tracked: 2005-09-22 10:29

思わぬ収穫
Excerpt: 高野和明氏『13階段』。 余り期待せずに読み始めたら止まらない面白さ。テーマとプロットが秀逸です。欲を言えば最後のオチがオチだけに、視点を主人公二人に都度チョロチョロ動かすのできなくて、三上純一を見..
Weblog: ゲームと本と酒の日々
Tracked: 2006-03-29 06:50

行間の宇宙
Excerpt: こんにちは。テンポ。: 「13階段」高野和明を興味深く読ませていただきました。勉強になりました。また読ませていただきたいと思います。高野和明さん、いいですね。
Weblog: eゆめねっと
Tracked: 2006-06-24 16:04

13階段/高野和明
Excerpt: 人が人を罰することは正しいのか、死刑制度は何のためにあるのか、そうしたことを深く考えさせる物語でした。 刑務官の南郷は、ある死刑囚の冤罪を晴らすため、調査のパートナーとして刑務所を出たばかりの青..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-13 01:13

13階段@高野和明
Excerpt: 日本の法制度、刑罰制度、司法制度、死刑制度、保護観察制度などについて、貴方はどん...
Weblog: K's Labo
Tracked: 2007-05-30 23:25

▲TOPへ