2005年09月02日

「ふわふわ」村上春樹 / 絵・安西水丸

これは、村上春樹から猫へのラブレターの様な本です。

年老いたおおきな雌猫へ。
村上春樹より。

という感じ。

村上春樹の小説には、何度となく猫が出てきて
相当好きなんだろうなーって思っていたけれど。

やっぱりそうなんですね!

安西水丸さんの絵もいつもの様に良い味出ていて
絵本の様に沢山のイラストが入っています。

猫かぁ。
ウチは犬派なんだよなー(笑)
でも、猫も良いのかも・・・。って思わせてくれる本でした。

4062733358ふわふわ
村上 春樹

講談社 2001-12
売り上げランキング : 17,141
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:38 | 東京 🌁 | Comment(9) | TrackBack(1) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
>このみ。さん
俺、結構村上春樹の本読んでるけど、この本は読んだこと無いなぁ(;・∀・)
もしかして、絵本みたいな本ですかね?
俺もどっちかっていうと犬派の人間なんで、手に取らなかったのかな?
今度機会があったら読んでみます。
Posted by take at 2005年09月02日 14:41
いつか新聞に村上春樹のエッセーが載っていました。

結婚したばかりの頃、ストーブを買うお金がなくて、猫5,6匹と人間2人が寄り添って暖をとって寝ていたそうです。
その時、自分と猫が一体化している感覚に陥り、そんな曖昧な体感を感じる世界を書きたいと、いうような事が書いてありました。(違うかもしれないけど、私はそう読み取ったので、、)

春樹ワールドの原点はそこか!
となると私には到底理解できない世界です。
猫も犬も怖くて触れませ〜ん。。

「13階段」買いました。
いつ読めるかわからないけど、、まだ4冊待機中



Posted by kyo at 2005年09月02日 19:25
私も、少し前に読みました。
なんだか猫の匂いも感じられてしまうような、ふわふわの中に、自分も埋もれてしまいそうな気持ちになった1冊。
水丸さんの絵もとても好きなので、なんだか楽しくなって手にしてしまった本。
猫へのラブレターって、本当にそうですね。

私、猫は飼ったことが無いけれど、猫好きの人の本に触れることがあると、どんどん好きになっている自分を感じます。
ちょっと猫になってみたい…
Posted by linden-leaf at 2005年09月02日 21:12
このみさんこんばんは。
お約束どおりじっくりと読ませてもらいました☆

私の知らなかったこのみさんの気持ちが少し垣間見れました。

このブログもだんだん知られてきて大きくなってきてますね。
このみさんのネットの実力もあがってるみたいで今後が楽しみ♪

このみさんがブログにはまっちゃうっていうのもわかるかも^^

また遊びに来ますね。
仕事忙しいでしょうけど、ブログがんばってね!
Posted by エムリス at 2005年09月02日 22:53
>takeさん
そうですね、絵本みたいに絵が沢山入っています。
ページ数も少ないので、スグに読めちゃいますね。
村上ファンなら是非!

>Kyoさん
その新聞のエッセー凄く気になります。
村上ワールドの原点ぽいですね!
読んでみたいなぁ。
結婚したてって事は、今までの小説が書かれる前だもの。
検索してみます!
出てくるかなー。
「13階段」面白かったですよ♪
ただ、結構黒い部分(表現できないです 汗)があるので、ミステリー読みたいな!って気分の時に是非(^^

>linden-leafさん
水丸さんの絵が素敵ですよね♪
読んでいて、ふわふわを触っているような気分になりつつ、ウチの犬を撫でていました(-"-;A
猫になったら・・・縁側で昼寝ですね!(笑)

>エムリスさん
こんばんは(^^
ようこそ♪

ネットの実力ですか?
全然なんですよ( ▽|||)
相変わらず初心者のまま、上達出来ていません・・・。
エムリス先生、教えてください!(笑)
エムリスさんもお仕事頑張って♪

Posted by このみ。 at 2005年09月03日 01:06
『ふわふわ』はまだ読んでないですねー。
『村上朝日堂』の途中で、小川洋子にいってしまったので。。。

安西水丸の絵のやる気ない感じがすごい好きです。
へたうまっていうか。
ナイスコンビですね。

Posted by saku at 2005年09月05日 22:54
>sakuさん
朝日堂、面白く無かったですか?
私、大ウケだったんですが(笑)
「ふわふわ」は、スグ読めちゃう絵本のような本でした。
安西水丸、やる気ない感じですよねー(笑)
そこが良い!
村上ワールドとマッチしてますよね♪
Posted by このみ。 at 2005年09月06日 21:28
面白いんですけど、その時の気分とあってなかったんですよね。。。
もっと、ずどーんと物静かな気分に浸りたかったので。
病んでますね(笑)
Posted by saku at 2005年09月06日 22:00
>sakuさん
気分は重要ですよね!
うんうん、ずどーんって浸りたい時って私も結構あります。
ほんとに、結構ある。
私も病んでいるのか(笑)
またお気楽に笑いたくなったら、朝日堂復活!ですね♪
Posted by このみ。 at 2005年09月06日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ふわふわ 村上 春樹, 安西 水丸
Excerpt: 村上春樹(文)、安西水丸(絵)の絵本のような猫のお話です。 2001年発行とだいぶ古い本ですが、村上春樹のこんな本があることを知らず、ごく最近読みました。 5分ぐらいで読めるお話で、別に物語..
Weblog: クロルデンのおすすめ小説
Tracked: 2009-10-17 13:14

▲TOPへ