2008年01月03日

「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎

第25回吉川英治文学新人賞受賞。
映画化もされています。
映画「アヒルと鴨のコインロッカー」公式ページ

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!

いつものように時間の流れが変わったとき、いつものようにそうだったのかと思わされる。
ただ、今回は「そうきたか、それはあり?」という感があって★は7/10。
動物虐待の話で暗い内容もあるのに、読み終わりは思った以上にさわやか。
キャラクターの個性が濃くて、魅力的です。
ブータンの、蚊ですら殺さない意識には、話の内容とは別にはっとさせられました。
「ソウデスネ」これは私も使いたい(笑)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
  • 発売元: 東京創元社
  • 価格: ¥ 680
  • 発売日: 2006/12/21
  • 売上ランキング: 600
  • おすすめ度 4.0

★7/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:33 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(3) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
映画はオール仙台ロケですよ。
次はDVDを借りて観てちょうだい。笑

とは言ってもアタシは本も読んでないし
実は映画も観てないのです。ポリポリ f  ̄. ̄*)
Posted by ゆっき。 at 2008年01月03日 22:23
映画よかったですよ。
この内容を映像化するの、難しいと思いませんか?
でも、全く違和感なく、うま〜〜く映画になっていました。
重苦しい雰囲気はないのだけれど、かなり悲しい映画でした。
Posted by 由松 at 2008年01月04日 19:11
>ゆっき。さん
オール仙台ロケ!
そうなんだぁ。
文中にも仙台の駅前とか、かなり重要ポイントになっていて何度も出てくるの。
それは観てみないと!(笑)

>由松さん
たしかに映像化難しそうだなって思っていました。
違和感無く、上手い具合に映画になっているのかー。
それは楽しみ♪
悲しい映画、ですか。
本の読み終わりは、内容よりもさわやかな感じだったので、内容重視になったのかな。
TB有難うございます!
Posted by このみ。 at 2008年01月07日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『アヒルと鴨のコインロッカー』
Excerpt: (ネタバレあり) 原作を読んでいつもながらに感動&感心し、映画化されると聞いてあの内容をどうやって映像化するのだろうと興味津々、かなり期待して観に行った。 その期待を裏切らない作品だった! まず役者..
Weblog: 練習オタクの日々
Tracked: 2008-01-04 19:13

『アヒルと鴨のコインロッカー』
Excerpt: 『アヒルと鴨のコインロッカー』 大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)
Weblog: SMASH ASH
Tracked: 2008-02-28 19:59

アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂 幸太郎
Excerpt: DVDを先に見てしまっていたので、ストーリーは知っていたけれど、それでも面白かった! そして最後は涙してしまいました。 ドルジも河崎も琴美も椎名も麗子さんも、 みんな好きです。 映画も本も..
Weblog: クロルデンのおすすめ小説
Tracked: 2009-10-17 13:21

▲TOPへ