2008年01月25日

「メリーゴーランド」荻原浩

9年前に過労死続出の職場を辞め、Uターンした啓一は田園都市の市役所勤務。
平穏無事の人生だったはずが、第3セクター経営の超赤字テーマパークの再建プロジェクトに異動することに。

いつものように、ありえそうでありえない話で痛快です。
主人公の遠野啓一は、優柔不断でどこにでも居そうなサラリーマン。
転機をきっかけに思い切った行動をするところは、実際自分がそのような行動を出来ないからか、スッキリします。
馬鹿馬鹿しい考え方のお役所人間を、メッタ切りするところなんか最高。
メリーゴーランドの場面も良い。
ほろりとさせられます。

メリーゴーランド (新潮文庫)
メリーゴーランド (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2006/11
  • 売上ランキング: 52579
  • おすすめ度 4.5

★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 22:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ