2008年01月30日

「ニッポンの単身赴任」重松清

北海道から上海、南極まで、単身赴任の仲間20人をルポルタージュ。

仮名が数名居るものの、リアルな単身赴任生活が分かります。
予想していたよりもマジメなお父さんたち。
家族がばらばらになるというマイナスイメージしかありませんでしたが、以外や以外、家族を結束・団結させるチカラもあるようです。
それぞれの勤務内容、家族構成、赴任先での待遇や仕事仲間の話がそれぞれの状況を作っている。

私の父も5年間単身赴任をしていました。
私はまだ結婚もしていないし、今の生活には関係の無い話ではありますが、さすがシゲマツ。
どの話もほんのり温かく、じーんとさせられました。
出て行く側、見送る側、帰る側、待つ側。
家族って良いですね。ほんとに。

ニッポンの単身赴任 (講談社文庫)
ニッポンの単身赴任 (講談社文庫)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 600
  • 発売日: 2005/10
  • 売上ランキング: 76100
  • おすすめ度 4.0

★8/10


▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ