2005年10月30日

「東京奇譚集」村上春樹

奇譚とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。
しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語。

村上ワールドは相変わらずですが、この本の評判は色々みたいです。
みんな、超大作を期待しすぎているのかしら。
まるで政治家の様に批判されている気がしますが。

私は、久々どっぷりと浸る事が出来たので面白かったです。
村上春樹の文章って、どうしてこんな気分になるのでしょうか。
本当に不思議。

「偶然の旅人」には村上春樹本人が登場して驚きました。
この本自体の「はじめに(プロローグ)」かと思ってしまったくらい。

私は「日々移動する腎臓のかたちをした石」が一番心に残りました。
なんと言っても主人公が父親に教えてもらった言葉。

男が一生に出会う中で本当に意味を持つ女は三人しかいない。それよりも多くないし、少なくもない

これ、実際良く聞きますね。
「男が」ではなくて、「人は」ですけど。
主人公の淳平が、この言葉を忘れられないように、
私も何故か、妙に信じてしまっているところがあります。

今まで出合った人の中に、本当に意味を持つ人は何人含まれているのかしら・・・。
そして、その判断は正しかったのかしら・・・。

収録されている短編作品
偶然の旅人
ハナレイ・ベイ
どこであれそれが見つかりそうな場所で
日々移動する腎臓のかたちをした石
品川猿

4103534184東京奇譚集
村上 春樹

新潮社 2005-09-15
売り上げランキング : 7
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本★8/10
▲TOPへ
posted by このみ。 at 03:54 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(5) | 本を読んで| edit
この記事へのコメント
まだ読んでないから早くよまなければ。
できたら文庫化するまで待ちたいけど。。。

今ねじまき鳥を読み返し中です。
Posted by saku at 2005年10月30日 23:41
>sakuさん
ねじまき鳥かー♪
好きな長編です(*^^)

文庫化、私はアフターダークして欲しいわ。
読み損ねているから。
早く読みたいっo(´^`)o
Posted by このみ。 at 2005年10月31日 00:58
まだ全部読んでません。
早く読まねば〜
「偶然の旅人」
ありそうねって言うかこういう経験、あります。

人生って、、、運命って、、、
なんて言ってみたくなる今日この頃のkyoですが。。
Posted by kyo at 2005年10月31日 09:57
>kyoさん
ネタバレにしていないつもりだったけれど
大丈夫だったかしら・・・。
「偶然の旅人」は、私もウンウンとうなづきました。
あの時こうしていなかったら、今の自分はいないって
実感しちゃう時、ありますよね。
Posted by このみ。 at 2005年11月01日 00:56
こんにちは。
TBさせていただきました。

最近の氏の作品はピンとこなかったのですが、
この作品はとても面白いと思いました。
特に『ハナレイ・ベイ』と『品川猿』が。

それではまた。
ごきげんよう。
Posted by T.Sato at 2007年12月18日 05:55
>T.Satoさん
TB&コメント有難うございます。
レスが大変遅くなりました。
品川猿、私も好きです。
最近翻訳ばかりで、昔の長編小説が懐かしいですね・・・。
Posted by このみ。 at 2007年12月29日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ポジティブレビュー〔トラックバック〕
Excerpt: 映画・漫画・音楽・テレビなどの作品に対する、ポジティブな感想を書いているブログを集めています。
Weblog: blolog〔ブロログ〕
Tracked: 2005-11-01 12:34

「またたび浴びたタマ」村上 春樹 (著), 友沢 ミミヨ(イラスト)
Excerpt: 村上春樹が休暇を取っている時に何気なく書き留めたという、回文五十音かるた。 ち...
Weblog: 巷の本屋さん
Tracked: 2005-11-03 22:30

村上春樹「東京奇譚集」
Excerpt: 久しぶりの村上春樹です 「アフターダーク」以来だから・・・1年ぶり      村上 春樹「東京奇譚集 」 今回は【奇譚=不思議な、あやしい、ありそうにない話】がテーマの短編集で ..
Weblog: そこで馬が走るかぎり
Tracked: 2005-11-14 07:18

村上春樹&安西水丸 『村上朝日堂』
Excerpt:   スナフキンの評価 ★★★☆☆   Amazonの評価   Amazonカスタマーレビュー   駄文に隠れる天才性   深みのある面白さ   皆さん褒めちぎっていますが 村上朝..
Weblog: 本の森
Tracked: 2005-11-28 21:14

小説 『東京奇譚集』 村上春樹
Excerpt: 彼女の心の中のキャンバス。 そこに描かれていたのは、 僕の心の中に存在する、 深い闇に包まれた空虚。 そして彼女は瞳に涙を浮かべ、 希望という名の色の絵の具を、 白くて...
Weblog: iPod Junkie の 憂鬱
Tracked: 2007-12-17 10:32

▲TOPへ