2005年11月03日

先生は何を教えるのか。

今日、電車に乗っていたら小学生の遠足に遭遇しました。
たぶん小学1年生かな?
ガラガラだった一つの車両が、2クラスの生徒達で急にほぼ満員になりました。

座席に靴のまま上がる子。
友達と追いかけっこをはじめる子。
大きな声で叫ぶ子。

どうして先生はちゃんと注意しないのかしら。
注意はしても、形だけ。
少し注意して、先生も一緒に大きな声で笑っている。
別に「だから今時の若い先生は・・・。」なんて言いたいんじゃない。
だって、結構お歳を召している先生もいたから。

まぁ、この事はさておき。

私が働いている学校の先生が、ぼやいていた事があります。
最近は、何も考えずに怒れない。
その子の精神状態や、家庭環境など考えてからじゃないと。
勿論、少しでも体罰と言われる可能性が有る行為は絶対に出来ないと。

今の先生は大変なんだな。

「しつけは家庭でやること」
勿論、それは正しいと思うけれど。
色々な事情が有り、一言なんかじゃ片付けられないけれど。

先生の役割って、授業を教えるだけじゃないはず。
子供にとって為になる事は、その先生が出来る限りの全部を教えて欲しい。
そういう先生って、その子が卒業しても、大人になっても
尊敬する先生として心に深く残るのに。

自由に教えられる環境と、ちゃんと任せられる先生・・・。
たぶん、ニワトリと卵みたいなんだろうな。

▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:18 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記| edit
この記事へのコメント
こんばんは。
僕は心に残る尊敬する先生はいないです。
あえて教員で心に残ってる人といえば、小学校5・6年の担任。
ジャイアンツが負けたと言っては殴り、僕のしたことが気に入らないと言っては殴り、それはもう当時神経性胃炎になりましたから。
そして極めつけは、自分はこうしたかったな〜みたいなことを日記に書いたら、主張もしてないのにこんなこと言うのは負け犬だ!っていきなり殴られました。
まぁおかげで、如何に人に自分の意見を受け入れさせるかを学びましたけど。
当時の僕は、争いの嫌いな引っ込み思案な子供だったんです。
この事件さえなければ、こんなにきつい性格にはならなかったかなとか思う時があります。
だからきっと忘れないな〜この人の事は!

でもね、学校の先生が教育的指導として生徒を叩くのは賛成派なんですよ。
ただし、ちゃんとした人間として僕が認めればですけど。
気分で殴るような人がうちの子を叩いたら、きっとその人を追い詰めますね。

だからやっぱり僕は、子供の躾けは親がやったほうがいいとも思う。
特に今の時代、勉強以外の躾けの部分でそこまで信用できる先生が一体何人いることか。
僕の時みたいに下手に変な事を吹き込まれる位なら、躾というデリケートな部分には関わらないでくれた方が助かりますね。

このみ。さんは良い先生にめぐりあえて良かったですね。
Posted by ぱぱん at 2005年11月03日 22:03
ぱぱんさんの意見と同じく、私も躾はやはり親がするべきだと思います。
でも子供に躾ける以前に、親ができていなければ無理なことなんですが。

最近はほんとに怒らないお母さんが多いですよね。
何で何も言わないのかなって疑問に思います。
代わりに私が怒ってやりたいぐらいで。
でもそういう親達を見てると、大抵が親自身もできてないんですよね。

私もこれから子供を育てていかないといけない立場になるので、そんな事を考えてます。
躾けるには自分がちゃんとできていないといけないわけなので、見つめなおしていかないとなって思います。
Posted by saku at 2005年11月03日 23:07
俺は最近の学校は学習塾に近いような気がする。学校じゃないような。
いろいろ躾は親がやるべきだと意見が出てるけど、それは当然のことで、
俺は学校は学校で躾けるべきなんじゃないかと思う。社会に出てからの
予行じゃないけど、団体生活から学ぶことっていっぱいあると思うんだ。
なんかあるとすぐに体罰だとか言ってビクビクするのもどうかと思う。
結局それはちゃんと躾けられない親が悪いんじゃないかと。結局、学校
教育・指導が変化してしまったのも家庭が悪いんだと俺は思うんだけど。。。
Posted by りっち at 2005年11月04日 00:39
>ぱぱんさん
凄い先生だったんですね・・・。
私も高校の英語の先生が凄く苦手で、授業になると胃が痛くなっていました。
そのおかげで、英語が好きになれなかった。
先生って関わる生徒のこれからの人生に物凄く大きい影響を与えるのだから、素晴らしい職業だけれど、逆に作用してしまうと怖いですね。
心から信頼できる先生だったら、罰としての多少の体罰は私もアリだと思うんですよ。
私の心に残っている先生は、それも上手く利用していましたし。
勿論、体罰無しで立派に教えている先生は沢山居ると思うけど。
下手な事を吹き込まれるくらいならっていうぱぱんさんの書かれた事も、確かにとうんうん頷いてしまいました。

>sakuさん
これこそ、今時の若者は・・・って言う事になりそうですが(笑)
私も、怒らないお母さんにはイライラすることがあります。
となりのおじさんとかがブツブツ言ってたりすると、心の中で同意してます(^^;
まぁ、私は親ではないので親の気持ちは分からないけれど・・・。
そんな時なんとなく様子を見ていると、お母さんはストレスとか溜まってほおっておいている気がします。
sakuさんは、いいお母さんになりそうですね♪
sakuさんも、いつか私も、実際親になった時に同じ状況になってちゃんと対処できるようにしたいですね(^^

>りっちさん
学校でしか教えられない躾だって、勿論沢山ありますよね。
団体行動なんて、家じゃ分からない。
体罰かどうかを判断するのは親だから、先生はどうしようも出来ないといった感じなのかしら。
家庭が悪い・・・。
これだって、どうしても共働きをしないと生活できなかったり色んな事情がありますよね。
親子が一緒に居る時間が少なくて、どうしても学校に頼ってしまうという人だって居ると思う。
そんな状況にしているのは、社会全体だと思うし・・・と、話のスケールが大きくなりすぎだわ(汗
Posted by このみ。 at 2005年11月04日 01:42
「躾」と「教育」の差は何処なんだ?
境界線はあるのか?
って思うけれど、、
親も先生も子供を育てると言う事では同じ役割があると思います。
大人が育てる事を放棄している場合が多いンではないでしょうか?
共働きで忙しく学校任せの親、なのにカラオケや飲み会には皆勤。
今、「、、らしく」と言う言葉を忘れているように思います。
親である事、母である事、
子供が小さい時位、縛られてもいいと私は思います。
ほんの数年なんですよね。
過ぎてしまうと。。
Posted by kyo at 2005年11月04日 12:43
>kyoさん
境界線はどうなんでしょ。
範囲の違いのように思いますね。
なんだかね、電車に乗っていて悲しくなっちゃったんですよ。
私の先生の話も思い出して。
先生は先生らしく在るべきですよね。
親も親らしく子供に接しないと。
ほんと、経験の無い私が言うのもクチだけですが(汗
「過ぎてしまうと数年」というkyoさんの言葉、覚えておきます。いつだか分からないけれど将来の為に(笑)
Posted by このみ。 at 2005年11月05日 00:51
教育って「教」える+「育」てるなのでしょう?
誰がやるべきというのではなく、大人がみんなで教えるべきなんではないかなと思いますよ。
親が、先生が、近所のおばちゃんが、たまたま電車で一緒になったおじさんが。
それで育っていくべきなんだろうと思うけどね。
そうはいかないんだろうな。

私は中学、高校、大学といい師にめぐり合ったので幸せでもんすわ。
いやな先生も居たんだろうけど、あまり記憶にないのだ。いいことしか覚えてない性格なので。
Posted by 熱ケツ先生 at 2005年11月05日 23:35
>先生
「先生」からコメント戴けるとは!(笑)
そうねー、周りの人も注意できるのが理想でしょうけど・・・それで「ほおっておいて!」怒るお母さんも居るだろうし・・・。
まぁ、怒られてもどっちが恥ずかしい目に遭うのかって気もしますが。
良い先生はいつまでも記憶に残りますよね。
嫌な先生も早く忘れたいっ!!
Posted by このみ。 at 2005年11月06日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ