2005年11月24日

『デイ・アフター・トゥモロー』

なんとも凄い映画でした。

ストーリーは、二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化が進み
異常気象が地球を襲う、という感じ。
結構似たようなストーリーの映画もありますが。

CGが凄いですね。
波やら雪やら、これでもか!とCGの嵐でした。

でも実際こういう風に成りかねない。
巨大すぎるハリケーンがアメリカを襲ったり、日本だって各地で台風の被害が尋常じゃないし、最近の異常気象のニュースはザラにあるようになってしまっています。

世界中の全員で気をつけようよ。っていうメッセージなのでしょうが
この映画を作る工程でも、地球にとって全く悪影響を与えていないとは
言えないでしょ?
なんて、観終わって結構覚めたところもありましたけど。
観ている途中は夢中だったのですが。

観終わって外に出たら、やたら暖かく感じました。

あなたはその時 どこにいますか?
守りたい愛がある 救いたい未来がある

製作・監督・脚本:ローランド・エメリッヒ
製作:マーク・ゴードン
出演:デニス・クエイド/ジェイク・ギレンホール
   イアン・ホルム/エミー・ロッサム/サラ・ワード

B0001A7D22デイ・アフター・トゥモロー 2枚組特別編
デニス・クエイド ローランド・エメリッヒ ジェイク・ギレンホール

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2004-10-02
売り上げランキング : 3,500
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観て| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

▲TOPへ