2007年01月12日

『武士の一分』

友人から「チケットあるよ」と言われ、観て来ました。
時代モノは普段あまり観ないので『硫黄島からの手紙』の方が良かったのにとブツブツ言っていてごめんなさい。
予想以上に楽しめました。ありがとう。

第30回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞以外の対象全13部門で受賞。
優秀主演男優賞は木村拓哉が事務所の意向で辞退したという。

『たそがれ清兵衛』、『隠し剣 鬼の爪』に続く、山田時代劇三部作。
原作は藤沢周平の隠し剣シリーズ第2作である『隠し剣秋風抄』の「盲目剣谺返し」。

藩主の毒見役を務める三村新之丞は、いつものお役目を務めている時に貝の毒にあたり、一命は取り留めたが失明してしまう。
人の世話なしで生活できないと自ら命を絶つことも考えるが、妻の加世と中間の徳平の為に生きようと決意する。
お役目から外れたのにもかかわらず、土地はそのままで良いとお上は言う。
目が見えない新之丞は、妻が番頭(ばんがしら)と会っていることを知り、土地の為に妻を寝取られたと思う。

話の内容はそんなに難しくなく、映像的にも地味な感じ。
でもそこが良い。
昔の日本の作法、礼儀、考え方。
侍が愛する者の為に、自分の信念と名誉の為に命をかける。
なんといっても最後のシーンが良かった。
どうなるか予想できて、泣けます。

キムタクは勿論だけど、妻の加世役の壇れいと、中間役の笹野貴史が良かったです。
壇れいさんは宝塚歌劇団出身の方なんですね。凄く綺麗。

武士の一分 公式HP

監督 : 山田洋次
原作 : 藤沢周平
出演 : 木村拓哉 / 檀れい / 笹野高史 / 桃井かおり / 坂東三津五郎 / 緒形拳 / 小林稔侍

武士の一分.JPG
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:51 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年09月19日

『四日間の奇蹟』

「四日間の奇蹟」朝倉卓弥を読んで、観たかった映画。
最近は原作が良いのをどんどん映画化していますね。

不慮の事故によりピアニスト生命を絶たれた敬輔は、その事故で知り合った千織のピアノの才能を見い出し、日本中を慰問演奏で回っている。ある島の療養センターに赴いたふたりは、そこで働く真理子と知りあうが、突然の落雷事故で千織と真理子の心が入れ替わってしまう…。

話の内容は本で理解しているのに、やっぱり泣いてしまいました。
どうしても内容からして重要なのは「千織」の演技力。
15歳でサヴァン症候群の「千織」と、28歳の「真理子」を両方演じなければならない。
尾高杏奈さん、なかなか良かったです。

監督 : 佐々部清
出演 : 吉岡秀隆 / 石田ゆり子 / 尾高杏奈 / 中越典子 / 松坂慶子 / 西田敏行 / 平田満 / 石橋蓮司 / 鳥羽潤 / 西村和彦 / 小林綾子


公式ページ四日間の奇蹟 公式サイト

四日間の奇蹟
四日間の奇蹟
  • アーチスト: 吉岡秀隆
  • 発売元: 東映
  • 価格: ¥ 3,120 (22% OFF)
  • 発売日: 2005/11/21
  • 売上ランキング: 2765
  • おすすめ度 4.0

▲TOPへ
posted by このみ。 at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年05月25日

『ダ・ヴィンチ・コード』

いやいやいや、観て来ました。
(ネタバレはしていないつもり)

原作を読んでから映画を観た方がいいのか、映画をまず観ちゃった方がいいのか。
最近色んなところでこの事が話題に出ていますが、
私は原作を読んでから、映画を観る事を強くオススメします!!

やっぱり映画は150分という時間の中で表現しきれないものがありすぎて、かなり端折っています。
他の映画でも何処を端折っているのかが問題になるけれど、この「ダ・ヴィンチ・コード」は名前の通り、「ダ・ヴィンチ」と「暗号」が大事なところ。
初めに沢山出てくるはずのルーブル美術館のダ・ヴィンチ作品があっという間に終わってしまい、暗号を解く過程のドキドキ感も、解けた時の達成感も映画ではほとんどありませんでした。
美術作品や暗号自体の映っている時間が少ないので、「本を読んで情景が浮かばないから映画で確認」というのも、ままならないくらい。
まぁ、本物のルーブル美術館で撮影をしているので、それなりに視覚的に分かるところは多々ありましたけど。
黄金比や、キリストに関係してくる歴史等、「へぇ〜」と思う部分がかなり端折られています。
話を多少変えて、分かりやすくしてしまうのは目をつむるにしても、原作でいっぱいいっぱいの内容を、それなりの上映時間にまとめてしまうと、こうなっちゃうのは勿体無い感じです。

原作を読まないで映画を観た方は、あのスピードで話が分かるのかしら・・・。
なんとなくしか分からなかった方は、原作を読まれることをオススメします。
情報量が全然違うから、驚かれるかもしれません。

原作の感想はこちらです。

ダ・ヴィンチ・コード公式HP
ダ・ヴィンチ・コード公式ファンサイト

監督 : ロン・ハワード
出演 : トム・ハンクス / オドレイ・トトゥ / イアン・マッケラン / アルフレッド・モリナ / ジャン・レノ

ダ・ヴィンチ・コード.JPG
▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:39 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(10) | 映画を観て| edit

2006年05月17日

『マイ・ボディガード』

誘拐が多発するメキシコシティー。
誘拐保険というのもあるくらいで、親は子供にボディガードを付ける。
デンゼル・ワシントンが演じるクリーシーが9歳の女の子ピタのボディガードとなる。

『レオン』の様な感じだけれど、ピタとクリーシーの心の触れ合いが見どころ。
結構ハードな映像と音楽でかっこいい雰囲気だけれども、ラストは感動しました。
デンゼル・ワシントン、凄くカッコイイし、ダコタ・ファニングが凄くカワイイ。

監督・製作 : トニー・スコット
出演 : デンゼル・ワシントン / ダコタ・ファニング / クリストファー・ウォーケン / ジャンカルロ・ジャンニーニ / ラダ・ミッチェル / マーク・アンソニー / レイチェル・ティコティン / ミッキー・ローク

公式ページ

マイ・ボディガード 通常版
マイ・ボディガード 通常版デンゼル・ワシントン トニー・スコット ダコタ・ファニング

松竹 2005-06-29
売り上げランキング : 6,678

おすすめ平均 star
star熱心に薦められて
starいい映画です。
star死しても守る価値を見出した男

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:10 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年05月06日

『ターミナル』

予告編でかなり出ていた、トム・ハンクスの、あの泣き顔。
凄く印象的で、てっきり最後の感動シーンで出てくる顔だと思っていたら、結構初めのほうに出てきたので、もう出ちゃったら最後どうなるの?とストーリー進行を心配してしまいました・・・。

クーデターによって事実上祖国が消滅してしまいパスポートが無効になり、空港から出ることも飛行機に乗って祖国に帰る事も出来なくなってしまう。
法律の落とし穴にはまってしまい、言葉も分からず途方に暮れる。

そんなところから始まりますが、空港ってみんながみんな自分の事でいっぱいいっぱいなんですよね。
出入国する人は、これからの期待や不安だったり、時間に追われていたり。
出迎え見送りの人だって、沢山の人の中から目当ての人を見逃さないように大変。

動けないし、お金も無いし、話せないし、邪魔が入る。
そんな中で、「待つこと」の意味を考えさせられました。
私は「待つ」のが苦手。
目的があってもこんな風に待てる自信がありません。

予想通りウルウル来ましたが、まぁ、思ったよりも・・・そうでもないかな。

公式サイト

監督: スティーヴン・スピルバーグ
出演: トム・ハンクス / キャサリン・ゼタ=ジョーンズ / スタンリー・トゥッチ / チー・マクブライド

ターミナル DTSスペシャル・エディションターミナル DTSスペシャル・エディション
トム・ハンクス スティーブン・スピルバーグ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

角川エンタテインメント 2005-04-28
売り上げランキング : 2,228
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 21:58 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年04月29日

『トゥー・ブラザーズ』

どんな映画なんだか、ジャンルすら知らないで観ました。
初めのシーンで虎の交尾が出て来て、面白いのかどうか少し不安になり、このまま観続けるかどうか、どうしようかと思ってしまいましたが、観て良かった(笑)

母性本能出まくりです。
虎の赤ちゃんが物凄く可愛く、手に汗握る展開の部分を観ている間は、ウチで飼っている犬を抱きしめていました。

人間の傲慢な欲望と自己満足の為に、自然の流れを勝手に変えてしまうということへの忠告でもあり、ただただ「愛」をテーマにしている事でもあり、観終わった時に胸の奥がジーンとしました。

よく撮影できたなぁーと、ひたすら感心してしまう映画でした。

トゥー・ブラザーズ オフィシャルサイト
監督 : ジャン=ジャック・アノー
出演 : ガイ・ピアース / ジャン=クロード・ドレフェス / フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー / フレディー・ハイモア

トゥー・ブラザーズ コレクターズ・エディショントゥー・ブラザーズ コレクターズ・エディション
ガイ・ピアース ジャン=ジャック・アノー フレディー・ハイモア

東宝 2005-02-25
売り上げランキング : 7,330
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観て| edit

2006年04月17日

『クイール』

お腹にブチのあるラブラドール・レトリバー「クイール」が、盲導犬になり、視覚障害者のパートナーとして生きていく話。
泣くんだろうなと思いながら観て、やっぱり泣かされました。
動物モノには弱いですね。

他の犬とは少し変わったクイールと、結構変わり者の視覚障害者「渡辺」とのコンビが、なかなか良いです。
クイールの演技もなかなかのものでした。
色んな人と何度も別れがあり、その度に振り向き悲しそうな表情をしたり、鼻の上に毛虫が乗って驚いたり、褒めてもらって喜んだり、かなりの演技派犬。

途中で流れるBGMのマスカーニ作曲カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲に、やられました。
この曲は有名だから、良く色々なところで使われるけれど、反則だわ(笑)

監督 : 崔洋一
出演 : 小林薫 / 椎名桔平 / 香川照之 / 戸田恵子
寺島しのぶ / 黒谷友香 / 名取裕子

クイールクイール
小林薫 石黒謙吾 崔洋一

松竹 2004-09-25
売り上げランキング : 14,126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 16:07 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年04月06日

『私の頭の中の消しゴム』

予告編で絶対に泣くだろうなと思いながら、観てやっぱり泣きました。

不倫相手と別れた社長令嬢のお嬢様と、建築家志望の父の職場の現場監督をしていた彼が出会い、一目惚れをして結婚。
幸せな結婚生活が始まるが、彼女は若年性アルツハイマー病にかかってしまう。

と、ココまでが予告編で流れている部分です。
一応ネタバレ無しのつもりで書いています。

韓流ブームには乗るまいっ!と思っていたのに
結局「冬のソナタ」は半分見てしまったし(近々ビデオで最後まで見るつもり 笑)
この映画も観てしまいました(;´▽`A``

いや、カッコいいわ。
日本人女性が韓国人男性にハマるのが分かります。

話も泣かされると分かっていながらも、引き込まれてしまいました。
ちょっと話の展開が早い部分があり、おそらくカットされたのではないかな。
肉体的な死よりも先に、精神的な死が来る。
そんな事、考えた事無かったのですが・・・
辛い事ですね・・・。

監督・脚本 : イ・ジェハン
出演 : チョン・ウソン / ソン・イェジン / ペク・チョンハク

私の頭の中の消しゴム私の頭の中の消しゴム
チョン・ウソン イ・ジェハン ソン・イェジン

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:29 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(3) | 映画を観て| edit

2006年02月28日

『モリー先生との火曜日』

お友達のブログで紹介されていて、私も観てみました。
ジャック・レモンの遺作。
全米で500万部を超える大ヒットを記録した同名ノンフィクション書籍が原作。
本作も第52回エミー賞、米TV映画賞等受賞。

とても忙しく、仕事に熱中していて、仕事以外のことを考えられない元生徒と
難病に侵され、余命少ないモリー先生の話。

毎週火曜日に、講義が行われます。
テーマは、「人生の意味」。
死。愛。結婚。家族。そして、恐怖。

私もモリー先生に講義を受けました。
泣くまいと思いつつ、涙が止まりませんでした。
ジャック・レモンの表情が、なんともいえません。

周りを許すという事。
人は愛し合わないと死んでしまう。

監督 : ミック・ジャクソン 
製作総指揮 : ケイト・フォート / オプラ・ウィンフリー
原作 : ミッチ・オルボム 
脚本 : トム・リックマン
出演 : ジャック・レモン / ハンク・アザリア / ウェンディ・モニツ
キャロライン・アーロン / ボニー・バートレット

モリー先生との火曜日モリー先生との火曜日
ジャック・レモン ハンク・アザリア ミック・ジャクソン

ハピネット・ピクチャーズ 2003-04-24
売り上げランキング : 5,441
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:15 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年02月03日

『最後の恋のはじめ方』

原題 は「HITCH」なんですね。
ウィル・スミスが演じる主人公の名前、ヒッチ。
ヒッチはデート・コンサルタントをしていて
「男はいつでも、どこでも、アプローチ次第で、どんな女でも必ず落とせる」
という基本ルールの元にカップルを成立させてきた。

人と人とのコミュニケーションで
「人間の意思伝達の60%は言葉でなくボディランゲージ。30%は声の調子。つまり90%の会話は言葉じゃない」(まぁ、これは外国だからだけどね)だとか
出会いで「きっかけ次第でどうにでもなる」だとか
実際に参考に出来そうな事も教えてくれて、頷きながら観ていました。

その様子は、女の立場から見て凄く面白い。というか羨ましい(笑)
外国の男の人は、こんな風に女の人を大事に扱ってくれるのねぇ。
大好きな人と恋人になる為ならどんな事でも頑張るという姿が、
こんなに頑張ってもらえるならば本望だって気になっちゃいました。

ウフフと笑いながら観れるラヴコメディー。

『最後の恋のはじめ方』公式HP

監督 : アンディ・テナント
出演 : ウィル・スミス / エヴァ・メンデス / ケヴィン・ジェームズ
アンバー・ヴァレッタ / マイケル・ラパポート / アダム・アーキン

最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション
ウィル・スミス アンディ・テナント エヴァ・メンデス

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-28
売り上げランキング : 183
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:06 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年01月31日

『ハウルの動く城』

原作「魔法使いハウルと火の悪魔」を読んで、早く観たかったんです。

原作を読んでの私の想像とはだいぶ違いました。
まぁ、これは良くある事だけど。
でも、原作の話がジブリになる過程を垣間見た感じがしました。

女性の主人公に、悪者に、素敵な相手。
「悪者と戦う強い心」のような道徳心、人を愛すると言う事。

原作に上手く手を加えつつ、子供にも分かるように
気が付いたら、いつものジブリになっていました。
さすが、ジブリ。
ただ、やっぱりちょっと話を端折っている分、話の流れが急だったかな。

しかし、久石譲って凄いな。
どの作品も一度聴けば「ジブリ」って分かり、耳に残る。
子供から大人まで愛されるメロディーを作るって、凄い事。

一番笑えたのが、「ヒン」という犬の声をやっている原田大二郎。
名前からしてあれだけど、「ヒン」としか言わない犬。
原田大二郎、なかなか良かったです(笑)

『ハウルの動く城』公式サイト

ハウルの動く城ハウルの動く城
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16
売り上げランキング : 3
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:57 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2006年01月22日

『THE 有頂天ホテル』

観て来ましたっ!

大晦日の夜10時過ぎから年越しまでの、2時間のリアルタイムストーリー。
2時間をホテル「アバンティ」にて過ごす人達の物語。
ストーリーが盛り沢山でありながら、最後のカウントダウンパーティーに向けて、全ての話が絡み合います。
主な登場人物だけでも23人と聞いて、ちょっと不安でしたが(小説など、あんまりにも登場人物が多いと、こんがらがるので)、みんながみんな、超個性的なので全然大丈夫でした。

いやー、良いなぁ。
三谷幸喜。

観ている間、しょっちゅう笑い声が劇場内のどこからか聞こえてきます。
喜劇はこうでなくっちゃ!
頭を空っぽにしてゲラゲラ笑っちゃいました。

出演者のみんなが良い味出してますが、誰かを挙げるとすれば
やっぱり私のお気に入りはYOUです。
あれだけ少ないセリフで、味が有り過ぎ。素敵。

THE 有頂天ホテル 公式サイト
最悪の大晦日は、最高の奇跡の始まりだった。
誰も観たことのない極上のノンストップエンターテイメント!

監督 : 三谷幸喜
出演 : 役所広司 / 松たか子 / 香取慎吾 / 戸田恵子 / 生瀬勝久
オダギリジョー / 川平慈英 / 堀内敬子 / 石井正則 / 伊東四朗 / 佐藤浩市
浅野和之 / 原田美枝子 / 角野卓造 / 篠原涼子 / 西田敏行 / 梶原善
津川雅彦 / 近藤芳正 / 麻生久美子 / 唐沢寿明 / YOU / 寺島進
奈良崎まどか / 榎木兵衛 / 高島彩
THE 有頂天ホテル.JPG
▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:05 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(10) | 映画を観て| edit

2006年01月12日

スキージャンプ・ペア

遂に通称「sjp2」を観てしまった・・・。

細部にまでこだわった作りなのに、あまりにバカバカしくて
なんと言っていいのやら・・・。

ナニナニ?全然分からない!という方は、ココで一部観られます。
pya! スキージャンプ・ラージヒル・ペア

まぁ、言ってしまえば、架空のスポーツCG作品です。
こんなのが、わんさか出てくるわけですよ。

ただ、バカにしちゃいけないっ!

世界30カ国40以上の映画祭などで入選し、国内でも文化庁メディア芸術祭優秀賞などの賞を受賞。
フランスでは世界最大級と言われるアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーションフェスティバル 」で、オフィシャルコンペティション入選。
劇場版スキージャンプ・ペアでは、東京国際映画祭にて、日本映画・ある視点部門「特別賞」を受賞。

上記の劇場版(映画化)は1/28から公開!
スキージャンプ・ペア映画公式ページ -Road to TORINO 2006-

私の個人的意見は、やっぱり1が良かったかな。
2は、うっかりすると本当のスポーツ中継かと思ってしまう作り方だけれど
1の衝撃には勝てないかな。

スキージャンプ・ペア実行委員会公式サイト
スキージャンプ・ペア公式サイト

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVDスキージャンプ・ペア オフィシャルDVD

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2003-12-10
売り上げランキング : 2,407
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD part.2 (通常版)スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD part.2 (通常版)

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2004-12-22
売り上げランキング : 3,861
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画を観て| edit

2006年01月09日

『Mr. & Mrs. スミス』

Mr. & Mrs. スミス.JPG
カッコイイ!
二人ともカッコ良すぎます!
公開3日間の興行収入が、50万ドル!?
うん、それも納得。
話題のブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーだものね。

ブラッド・ピットはとにかく素敵♪
何をしててもサマになるな。
アンジェリーナ・ジョリーはとにかくセクシー♪
スタイル抜群で、唇も女の私でもドキドキするほど色っぽい。

この二人だから意味深に聞こえるセリフもあり、
二人の絡みのシーンは勿論のこと、やっぱり現実もこんな感じなの?
と気になるシーンもあります。
殺し屋の二人は、お互いに正体を知らない夫婦の設定なので
その後が、ありえない程に派手な夫婦喧嘩の様。

ストーリーは何も難しくなく、コメディな部分もあって、とにかく楽しい。
アクションシーンも迫力あります。
頭を空っぽにして楽しめる映画でした!

一瞬で恋に落ちた、ふたり
おたがい、その正体は秘密。

公式サイト
監督 : ダグ・リーマン
出演 : ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ヴォーン/アダム・ブロディ
▲TOPへ
posted by このみ。 at 14:44 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(4) | 映画を観て| edit

2005年11月27日

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

全然映画を見る予定は無かったのですが・・・。
ぽっかりと時間が空いて、近くに映画館があって、
何やってるのかな〜と覘いただけのつもりが・・・。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット』今日から公開なのに、直前で席が空いていたので観てしまいました(笑)

なんとなく、今のところ本も映画も全部制覇しています。
本は第5巻まで進んでいるし、あまりにイキナリだったので「炎のゴブレット」の話の内容も覚えてない状態でした。

もう第4話目なんですねー。
月日が経つのは早いんだな。
役者を見ても強く感じました。

主人公3人、大人になりましたね。
ハーマイオニーは、第1話の口をパクパク動かしている時が一番可愛くてお気に入りでしたが、もうすっかりレディーになっていました。
ダンブルドアも、今までの方が亡くなられて今回から違う方がやっているのが、やはり少し気になりました。

ハリー・ポッターシリーズは、本を読んだ時の情景がわりとそのまま映像化されていると思います。今回も大体自分のイメージと同じ感じだったかな。ただ、さすがに本2冊を157分に凝縮しているから省かれた部分もあるけど、これ以上長くすると間延びもすると思うし。

私的には、次の第5作目「不死鳥の騎士団」の映像を早く観てみたいです。
でも公開される頃には、また話を忘れちゃうんだよな・・・。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 公式サイト

監督 : マイク・ニューウェル
出演 : ダニエル・ラドクリフ/エマ・ワトソン/ルパート・グリント

▲TOPへ
posted by このみ。 at 03:12 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(5) | 映画を観て| edit

2005年11月24日

『デイ・アフター・トゥモロー』

なんとも凄い映画でした。

ストーリーは、二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化が進み
異常気象が地球を襲う、という感じ。
結構似たようなストーリーの映画もありますが。

CGが凄いですね。
波やら雪やら、これでもか!とCGの嵐でした。

でも実際こういう風に成りかねない。
巨大すぎるハリケーンがアメリカを襲ったり、日本だって各地で台風の被害が尋常じゃないし、最近の異常気象のニュースはザラにあるようになってしまっています。

世界中の全員で気をつけようよ。っていうメッセージなのでしょうが
この映画を作る工程でも、地球にとって全く悪影響を与えていないとは
言えないでしょ?
なんて、観終わって結構覚めたところもありましたけど。
観ている途中は夢中だったのですが。

観終わって外に出たら、やたら暖かく感じました。

あなたはその時 どこにいますか?
守りたい愛がある 救いたい未来がある

製作・監督・脚本:ローランド・エメリッヒ
製作:マーク・ゴードン
出演:デニス・クエイド/ジェイク・ギレンホール
   イアン・ホルム/エミー・ロッサム/サラ・ワード

B0001A7D22デイ・アフター・トゥモロー 2枚組特別編
デニス・クエイド ローランド・エメリッヒ ジェイク・ギレンホール

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2004-10-02
売り上げランキング : 3,500
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
▲TOPへ
posted by このみ。 at 00:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観て| edit

2005年11月15日

『SWING GIRLS』

今更ながら観ました。
音楽関係の映画は結構観ているつもりなんですが、これは遅くなっちゃいました。

なんか、良いですねー♪
音楽はこんな風に楽しめるものなんだ!って凄く伝わる。
落ちこぼれの今風女子高生が、男の子やブランドバッグよりも夢中になれる
ビッグバンドジャズの世界。

しかし『ウォーターボーイズ』もだけど、実際に役者が練習をして
実際にそれが出来るようになるって言うのが凄いわ・・・。

生徒役は若いから何でも吸収が早いのかな。
脇を固めた大人達が良い味出してました。
竹中直人、結構好きなんですよ( ´艸`)

B0006ZJAZKスウィングガールズ スタンダード・エディション
上野樹里 矢口史靖 貫地谷しほり

東宝 2005-03-25
売り上げランキング : 1,224
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


監督・脚本 矢口史靖
出演 上野樹里/貫地谷しほり/本仮屋ユイカ/豊島由佳梨/平岡祐太/
   竹中直人/白石美帆/小日向文世/渡辺えり子/谷啓

▲TOPへ
posted by このみ。 at 02:20 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 映画を観て| edit

2005年09月24日

『(ハル)』

先日のGyaOの記事 に戴いたコメントで
『(ハル)』が良かったと教えていただいて、観てみました。
もちろんGyaOで。

サイトで知り合った二人が、メールのやり取りしていき
実際に会うまでの話です。

実際に会った事は無くても、何度もネット上で話している相手って
自分の中で、勝手に想像しちゃいますよね。
こんな人なんだろうかって。
そんな部分が共感できました。

メールのやり取りが、少しまどろっこしかったですけど(笑)
他の人は、あんな感じなのかしら。
自分のメールの文章しか分からないので(当たり前だけど 汗)
まぁ、ちょっと前の話だし、パソコン初心者という設定もあると思います。

でも、いつの時代でも相手からの返事を待っている時などの気持ちは
同じなんでしょうね。

まどろっこしいけれど、だからこそゆっくりと話が進むところが
ほんわかしていて良かったです。

フロッピーを振っているところ、一番好きなシーンです。

本棚に村上春樹が並んでいたのも気になりました(笑)
村上ファンという設定なんでしょうか。


B00006ALYN(ハル)
深津絵里 内野聖陽 戸田菜穂

バンダイビジュアル 2002-08-25
売り上げランキング : 5,371
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




主演 深津絵里、内野聖陽、戸田菜穂、宮沢和史
監督 森田芳光
▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:20 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(1) | 映画を観て| edit

2005年09月20日

『チャーリーとチョコレート工場』

チャーリーとチョコレート工場 観て来ました!
最近、全然映画館に行ってなかったなぁ。

ジョニー・デップ好きなんです!(笑)
いつも徹底して役作りをするところも凄い!
カッコイイっていうのも好きな理由ですが ( ´艸`)
今回はカッコイイって言うよりも、やってくれた!っていう感じ。

彼以外に、この役は思い浮かびませんね。
顔のアップが多いのですが、なんとも言えない表情していました。

脇役もキャラクター濃すぎ(笑)
ウンパ・ルンパ気持ち悪すぎ ( ▽|||)
ティム・バートンも、やってくれたなぁ。

外国からの視点で日本が出てきますが、笑えますね。
こういうイメージなんだろうなーと、思った通り出てきました。

元気になりたい時にお勧めの、ファンタジーブラック・コメディーです!

チャーリーとチョコレート工場.jpg


▲TOPへ
posted by このみ。 at 01:39 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(18) | 映画を観て| edit

2005年09月18日

『39-刑法第三十九条』

刑法
第7章 犯罪の不成立及び刑の減免
【第39条】(心神喪失及び心神耗弱)
@心神喪失者の行為は、罰しない。
A心神耗弱者の行為は、その刑を減刑する。

重い映画でした。
演出ですが、常に暗く常に重い。

その中に浮き出る、殺人を犯した多重人格者の容疑者の異常さ。

容疑者には、精神医学者が心神喪失状態だったと鑑定し
刑法第39条によって無罪判決が下されようとするが
精神医学者の助手が精神喪失が詐病だと裁判長に訴える。

果たして、心神喪失状態は演技の詐病なのか。

人の心や精神って目に見えないから難しい。
それを鑑定する精神鑑定士の主観で、容疑者が無罪か有罪かが決まる。

精神的に不安定な時って誰でも有る。
犯罪を起こす時って精神的になんらかの異常が有るから犯すのだろうけど
それが常であると判断されれば、無罪。

なんだか良く分からなくなってきましたが。
要はコレを悪用する人も居るって事。

刑法第39条への疑問をぶつけた映画です。

ブルーリボン賞 第42回 主演女優賞(鈴木京香)
キネマ旬報賞 第73回 主演女優賞(鈴木京香)
毎日映画コンクール 第54回 日本映画優秀賞、監督賞(森田芳光)
ヨコハマ映画祭 第21回 作品賞、監督賞(森田芳光)、脚本賞(大森寿美男)

B00006ALYO39-刑法第三十九条-
鈴木京香 堤真一 杉浦直樹

バンダイビジュアル 2002-08-25
売り上げランキング : 8,515
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▲TOPへ
posted by このみ。 at 16:48 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(4) | 映画を観て| edit

▲TOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。